表面技術協会中部支部  (an13sfsj04)


>>
57
>> 戻る 

表面技術協会中部支部 浜松地区講演大会


1 日 時 平成30年9月10日(月)13:30~16:30 

2 会 場 浜松工業技術支援センター (浜松市北区新都田1-3-3)

アクセス方法は浜松工業技術支援センターHPをご覧ください。
http://www.iri.pref.shizuoka.jp/

3 内 容
13:30-14:15「機器分析(電子線・赤外線・X線)による金属腐食生成物の解析」
浜松工業技術支援センター 材料科 上席研究員 吉岡 正行 氏
めっき皮膜や表面処理基材に使用されている各種金属の腐食生成物について、従来の元素
分析によるアプローチだけでなく、EPMA(電子線マイクロアナライザー)による状態分析、FT-I
R(フーリエ変換赤外分光分析)による金属塩系化合物の分析、XRD(X線回折測定)による結
晶構造解析等を用いた解析事例についてご紹介します。

14:30-16:30「ステンレス鋼の耐食性改善のための表面仕上げ技術(仮)」
株式会社ケミカル山本 上田 隆 氏
前加工の影響によるステンレス鋼の耐食性低下の原因から、電解研磨処理および不動態化
処理等の表面仕上げ・耐食性向上技術について、実演を交えながら解説いたします。さらに、
各種金属の錆・汚れの除去方法についてもご紹介します。

4 定 員 50名(先着順)

5 参加費 無 料

6 申込み 9月3日(月)までに静岡県工業技術研究所ホームページのお申し込みフォーム、
e-mail、FAXの何れかでお申し込みください。
      参加証は発行いたしませんので、断りの連絡がない限りそのままご参加ください。

7 問合せ先 浜松工業技術支援センター 材料科 (担当 田光、望月)
TEL 053-428-4156
e-mail takou☆iri.pref.shizuoka.jp
(☆は@に読み替えて利用ください)


>>
56
>> 戻る 
平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会のご案内

主 催 (一社)表面技術協会中部支部

共 催 (公社)腐食防食協会中部支部

協 賛 (一社)日本防錆技術協会中部支部
(一社)日本熱処理技術協会中部支部,愛知工研協会,愛知県鍍金工業組合
鍍金技術研究会

平成29年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記
プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。
講演募集時の案内より時刻が1時間程遅くなっておりますので、ご注意くださ
い。

                          記
【日 時】 平成29年12月4日(月)14:00~17:00

【会 場】 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915

【参 加 費】 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)

【交 流 会】 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。

【参加申込先】 FAXにてお申込ください。(当日も受け付けます。)
表面技術協会中部支部 事務局 澤田まで
FAX.052-204-1469

 
【プログラム】
14:00 支部長挨拶
14:05 熱分解GCMSを用いた窒素含有カーボン材料の構造解析
(名大院工)
○西川晋,上野智永
14:20 スパッタリングによるSi含有ダイヤモンドライクカーボン膜の成膜
(名城大*1,千葉工大*2, 岐阜大*3)
○三輪侑生*1,小田昭紀*2, 上坂裕之*3, 太田貴之*1
14:35 ナノダイヤモンド複合電解銅めっき皮膜の作製
(名大院工*1,名大GREMO*2, 名大IMaSS*3, トヨタ自動車㈱*4)
○後藤泰輝*1,亀淵陽太*1, 萩尾健史*1,*2, 神本祐樹*2, 市野良一*1,*2,*3, 別所毅*4
14:50 休  憩 (10分)
15:00 XRDとXAFSによるニッケルめっき被膜の表面微細構造の評価
(㈱サーテックカリヤ*1, あいちシンクロトロン光センター*2, 名大シンクロトロン光研究センター)
○藤本大地*1,田中秀和*1, 鈴木崇也*1, 大島勝英*1, 原英樹*1, 東博純*2, 田渕雅夫*3
15:15 ゾルゲル法によって作製したTi:(Er+Yb) 共ドープLiNbO3薄膜の青色発光特性評価
(中部大工応化*1,中部大工電気シス*2, 中部大工機械*3, ㈱山寿セラミックス)
○夏目朋晃*1,高橋誠*1, 田橋正浩*2, 後藤英雄*2, 鈴木浩文*3, 永田嘉明*4
15:30 着色帯形成法による排水中鉄イオンの簡易定量
(名大院工*1,名大GREMO*2, 名大IMaSS*3)
○今井涼太*1,神本祐樹*2, 萩尾健史*1,*2, 市野良一*1,*2,*3
15:45 休  憩 (10分)
15:55 チタン酸ナトリウム吸着材によるめっき排水中の亜鉛除去の検討
(名大院工*1,名大GREMO*2, 名大IMaSS*3)
○國司寛人*1, 萩尾健史*1,*2, 神本祐樹*2, 市野良一*1,*2,*3
16:10  低圧でのメタンハイドレート生成におけるガラスビーズへの表面処理の影響
(名大院工*1,名大GREMO*2, 名大IMaSS*3) 
○竹内勇斗*1, 本島駿*1, 萩尾健史*1,*2, 神本祐樹*2, 市野良一*1,*2,*3
16:25 ミクロ多孔体から成る表面の形成とそのアプリケーション
(名大院工*1,名大GREMO*2, 名大IMaSS*3)
○萩尾健史*1,*2, 神本祐樹*2, 市野良一*1,*2,*3
16:50 休  憩 (10分)
17:00 交流会 (技術交流フロア,管理棟2階)

>>
55
>> 戻る 
表面技術協会中部支部見学会開催のお知らせ

主催 (一社)表面技術協会中部支部

協賛 愛知県鍍金工業組合

 暑さもいくらか和らいできました。例年開催しております見学会を今年度も開
催いたします。
今回は、自由な発想で、人真似をせず、だれも思いつかなかった独創的なめっき
技術を生み出す清川メッキ工業(株)とムラタグループにおける新製品・新技術を
インキュベートするマザーファクトリーである福井村田製作所(株)を訪問いたし
ます。両企業の内情を直接見聞きして頂く貴重な機会です。ご興味のある方は、
奮ってご参加ください。

【日  時】 平成29年11月20日(月) 
       集合 7:00(名古屋駅予定)  解散 18:30予定(名古屋駅予定) 
       *集合場所は別途ご連絡いたします。
【行  程】 名古屋駅出発(7:00)→清川メッキ工業(株)(10:00~12:00)
             →昼食(12:00~13:00)→福井村田製作所(株)(14:00~16:00)
             →名古屋駅解散(18:30頃)
       予定時間は道路状況等よって変更する場合はありますので、
              ご了承ください。

【見 学 先】 1.清川メッキ工業(株) (福井市和田中4-414) 
              www.kiyokawa.co.jp/
       2.福井村田製作所(株) (越前市岡本町13-1) 
              www.murata.com/ja-jp/group/fukuimurata
  
【定  員】 20名 (先着順。定員に達した場合は、締切とさせて頂きます。)

【参 加 費】 10,000円 (バス代・昼食代・消費税を含む)

【申込方法】 下段に掲載のパンフレット申込書に記入の上、11月10日(金)
       までに、表面技術協会中部支部宛FAXにてお申込み下さい。
       申込み締切後、参加証をお送り致します。
             *参加費納入方法については参加票にてご連絡いたします。

【注意事項】 海外企業もしくは同業者はお断りする場合がございますので、
              ご了承下さい。

【申 込 先】 (一社)表面技術協会中部支部  
        〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F
              (公財)中部科学技術センター内
       Tel 052-231-3070  Fax 052-204-1469

平成29年度表面技術協会中部支部見学会パンフレット

>>
54
>> 戻る 
平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ


主  催 (一社)表面技術協会中部支部

共  催(公社)腐食防食学会中部支部

協  賛(予定)日本防錆技術協会中部支部、日本熱処理技術協会中部支部、
愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

『平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を下記日程で行いま
す。大学での研究や企業での技術開発から品質管理・品質向上などの事例報告に
ついて申込をお待ちしております。また、『若手奨励賞』を設けており、審査の
上、優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますよう
お願い申し上げます。
また、聴講のみの方も歓迎いたしますので、ご参加ください。詳細な発表プログ
ラムにつきましては、申し込み締切り後、あらためてご案内させていただきます。
 
日  時 平成29年12月4日(月)13:00~19:00

会  場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費  会員無料、会員外は要旨集実費
交流会  会費1,000円(予定)で発表会終了後、技術交流フロア(管理棟2階)
          で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
          陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、表面
          分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。 

講演要領 発表10分、討論5分(予定)

講演要旨・講演申込み締切:11月17日(金)(必着)
1.講演要旨 作成見本ならびに作成方法← ここからダウンロード下さい。

2.発表申込みフォーム ←発表希望者は必ず申し込みください。

*発表申込みと講演要旨の投稿は、同じ日に行うようにしてください。
  お間違えの無いようお願いいたします。

*講演申込みと講演要旨の投稿を一緒に行ってください。

※ 奨励賞の申し込みは、平成30年4月1日時点で35歳未満の方が対象となります。
  ご留意の上、申し込みください。
 プログラムは、化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)
 11月22日(水)を目途に掲載します。

申込みに関するお問い合わせ:(一社)表面技術協会中部支部
〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F 
(公財)中部科学技術センター内
TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469

>>
53
>> 戻る 
表面技術協会中部支部見学会開催のお知らせ

主催 (一社)表面技術協会中部支部

 暑さもいくらか和らいできました。例年開催しております見学会を今年度も開
催いたします。今回は、ダイキン工業(株)と奥野製薬工業(株)の最新研究施設を
訪問いたします。どのような環境下で技術のイノベーションが起きているのか直
接見聞きして頂く貴重な機会です。また、奥野製薬工業(株)では「これからのめ
っき技術」と題して同社が目指す将来のめっきビジョンについてご講演をして頂
く予定でおります。ご興味のある方は、奮ってご参加ください。

【日  時】 平成28年11月14日(月) 
       集合 7:00(名古屋駅予定)  解散 18:30予定(名古屋駅予定)
       *集合場所は別途ご連絡いたします。

【行  程】 名古屋駅出発(7:00)→ダイキン工業(株)(10:00~11:30)→
             昼食(12:00~13:00)→奥野製薬工業(株) 総合技術研究所(13:
             30~15:30)→名古屋駅解散(18:30頃)

【見 学 先】
      1.ダイキン工業(株) テクノロジー・イノベーションセンター 
          (大阪府摂津市西一津屋 1-1)
       http://www.daikin.co.jp/tic/ 
       2.奥野製薬工業(株) 総合技術研究所 
       (大阪市鶴見区放出東1-10-25)
       http://www.okuno.co.jp/

【定  員】 30名 (先着順。定員に達した場合は、締切とさせて頂きます。)

【参 加 費】 8,000円 (バス代・昼食代・消費税を含む)

【申込方法】 下段に掲載のパンフレット申込書に記入の上、11月2日(金)まで
       に、表面技術協会中部支部宛 FAXにてお申込み下さい。
              申込み締切後、参加証をお送り致します。
             *参加費納入方法については参加票にてご連絡いたします。

【注意事項】 同業者はお断りする場合がございますので、ご了承下さい。
       1社につき複数名のお申込みの場合は人数制限をすることがあります。

【申 込 先】 (一社)表面技術協会中部支部  
        〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F
       (公財)中部科学技術センター内
       Tel 052-231-3070  Fax 052-204-1469

平成28年度表面技術協会中部支部見学会パンフレット


>>
52
>> 戻る 
平成28年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ


開催プログラム参加者募集 

主  催 (一社)表面技術協会中部支部

共  催(公社)腐食防食学会中部支部

協  賛(予定)日本防錆技術協会中部支部、日本熱処理技術協会中部支部、
愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

『平成28年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を下記日程で行いま
す。大学での研究や企業での技術開発から品質管理・品質向上などの事例報告に
ついて申込をお待ちしております。また、『若手奨励賞』を設けており、審査の
上、優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますよう
お願い申し上げます。
また、聴講のみの方も歓迎いたしますので、ご参加ください。詳細な発表プログ
ラムにつきましては、申し込み締切り後、あらためてご案内させていただきます。
 
日  時 平成28年12月5日(月)13:00~17:00

会  場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費  会員無料、会員外は要旨集実費
交流会  会費1,000円(予定)で発表会終了後、技術交流フロア(管理棟2階)
          で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
          陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、表面
          分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。 

講演要領 発表12分、討論3分(予定)

講演要旨・講演申込み締切:11月12日(土)(必着)
1.講演要旨 作成見本ならびに作成方法← ここからダウンロード下さい。

2.発表申込みフォーム ←発表希望者は必ず申し込みください。

*発表申込みと講演要旨の投稿は、同じ日に行うようにしてください。
  お間違えの無いようお願いいたします。
*講演申込みと講演要旨の投稿を一緒に行うようにしました。お間違えの無いよ
  うお願いいたします。
※ 奨励賞の申し込みは、平成29年4月1日時点で35歳未満の方が対象となります。
  ご留意の上、申し込みください。
 プログラムは、化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)
 11月22日(火)を目途に掲載します。

申込みに関するお問い合わせ:(一社)表面技術協会中部支部
〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F 
(公財)中部科学技術センター内
TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469



>>
51
>> 戻る 
平成27年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会のご案内


主 催 (一社)表面技術協会中部支部
共 催 (公社)腐食防食協会中部支部
協 賛 (一社)日本防錆技術協会中部支部
(一社)日本熱処理技術協会中部支部 愛知工研協会
愛知県鍍金工業組合 鍍金技術研究会

平成27年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記
プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。
講演募集時の案内より時刻が1時間程遅くなっておりますので、ご注意ください。


【日 時】 平成27年12月7日(月)14:20~17:00
                     交流会 17:10~
【会 場】 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
 名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915

【参 加 費】 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)

【交 流 会】 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。

【参加申込先】 FAXにてお申込ください。(当日も受け付けます。)
               表面技術協会中部支部 事務局 澤田まで
               FAX.052-204-1469 
************************************************************************ 
平成27年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会プログラム

14:20 支部長挨拶
14:30 大気圧プラズマにおける樹脂の接着強度に及ぼすプラズマガス温度の影響
(名古屋産業振興公社プラズマ技術産業応用センター*1,富士機械製造㈱
*2,名古屋大学*3)
○野々山芳明*1,早川雅浩*1,高島成剛*1,柳原一輝*2,濱根剛*2,
池戸俊之*2,神藤高広*2,竹田圭吾*3,石川健治*3,堀勝*3
14:45 溶融亜鉛めっきプロセスにおけるフラックス処理工程の無煙化
(名大院*1,名大IMaSS*2,名大GREMO*3)
○大倉槙太郎*1,市野良一*2,*3,神本祐樹*3
15:00 ソリューションプラズマを用いた新たなHMF生成工程の探索
(名大院工*1,名大GREMO*2,名大未来社会創造機構*3,JST-CREST*4)
○牟田幸浩*1,Anyarat WATTHANAPHANIT*1,*3,齋藤永宏*1,*2,*3,*4
15:15 水熱法を用いた LiTi2(PO4)3膜上への LiFePO4の合成
(名大院*1,名大未来研*2)
○鷲見英*1,梁彦杰*2, 黒田健介*2,興戸正純*2
15:30 休  憩(15)
15:45 第一原理計算を用いた酸素還元反応に対する白金の触媒性起源解明
(名大院工*1,名大グリモ*2,名大未来社会創造機構*3,JST-CREST*4)
○森下哲典*1,上野智永*1,*2,齋藤永宏*1,*2,*3,*4
16:00 メタンハイドレートによる低コストメタン貯蔵に関する研究
(名大院*1,名大GREMO*2,名大IMaSS*3)
○本島駿*1,神本祐樹*2,市野良一*2,*3
16:15 表面処理工程における循環再利用による無排水処理「エコノバックシス
テム○R」
(㈱三進製作所)○加藤敦也,野村記生,北川富則,柳下幸一
16:30  硝酸銅から鉄への銅めっき
(堺市立堺高等学校*1,大阪産業大学工学部*2,大阪産業大学工学部*3,
大阪産業大学短期学部*4,日本コーティング株式会社*5) 
○筒井良樹*1,馬込正勝*2,橋本健二*3,井上吉昭*4, 田中憲太*5
16:45 休  憩(15)
17:00 交流会(技術交流フロア,管理棟2階)

【会員の皆様の御参加をお待ちしております。】

>>
50
>> 戻る 
平成27年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ

主  催 (一社)表面技術協会中部支部

共  催(予定)(公社)腐食防食学会中部支部

協  賛(予定)(一社)日本防錆技術協会中部支部、
        (一社)日本熱処理技術協会中部支部、
         愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

『平成27年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を下記日程で行い
ます。大学での研究や企業での技術開発から品質管理・品質向上などの事例報
告について申込をお待ちしております。また、『若手奨励賞』を設けており、
審査の上、優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇ください
ますようお願い申し上げます。
また、聴講のみの方も歓迎いたしますので、ご参加ください。詳細な発表プロ
グラムにつきましては、申し込み締切り後、あらためてご案内させていただき
ます。
 
 日  時 平成27年12月7日(月)13:00~17:00

 会  場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費  会員無料、会員外は要旨集実費

交流会  会費1,000円(予定)で発表会終了後、技術交流フロア
     (管理棟2階)で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、表面分析、
腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表12分、討論3分(予定)

講演要旨・講演申込み締切:11月14日(土)(必着)

1.講演要旨 作成見本ならびに作成方法← ここからダウンロード下さい。

2.発表申込みフォーム ←発表希望者は必ず申し込みください。

*発表申込みと講演要旨の投稿は、同じ日に行うようにしてください。
お間違えの無いようお願いいたします。

※ 奨励賞の申し込みは、平成28年4月1日時点で35歳未満の方が対象となります。
ご留意の上、申し込みください。
プログラムは、化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)
に11月24日(火)を目途に掲載します。

申込みに関するお問い合わせ:(一社)表面技術協会中部支部
〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F 
(公財)中部科学技術センター内
TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469

>>
49
>> 戻る 
平成26年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会のご案内

主 催 (一社)表面技術協会中部支部
共 催 (公社)腐食防食協会中部支部
協 賛 (一社)日本防錆技術協会中部支部
    (一社)日本熱処理技術協会中部支部 愛知工研協会 愛知県鍍金工業組合
     鍍金技術研究会

平成26年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記
プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。
講演募集時の案内より時刻が1時間遅くなっておりますので、ご注意ください。

                               記

【日 時】 平成26年12月8日(月)14:00~17:00
                     交流会 17:10~
【会 場】 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915
【参 加 費】 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)
【交 流 会】 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。
【参加申込先】会社名、所属部局、氏名、懇親会の参加/否、
       連絡先(住所、TEL、FAX、E-mail)をご記入の上、FAXにて
       お申込ください。(当日も受け付けます。)
       表面技術協会中部支部 事務局 澤田まで
        FAX.052-204-1469

************************************************************************
平成26年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会プログラム


平成26年12月8日(月)(名古屋市工業研究所 第1会議室)


14:00 支部長挨拶
14:15 直鎖炭化水素溶媒を用いたソリューションプラズマ反応場でのカーボン
      合成の制御(名大院工*1,COI*2,グリモ*3,Eco Topia*4,CREST*5)
     ○吉田彰仁*1,上野智永*1,*2,*5,齋藤永宏*1,*2,*3,*4,*5
14:30 常温でのマグネシウムの電析に関する基礎的研究
      (名大院*1, 名大GREMO*2,名大エコ研*3) 
      ○苅谷慎一*1, 神本祐樹*2, 市野良一*2,*3
14:45 ソリューションプラズマを用いたヒドロキシメチルフルフラールの生成 
     (名大院工*1,名大グリーンモビリティ*2,名大社会イノベーションデザ
       イン学センター*3 ,JST-CREST*4)
      ○牟田幸浩*1,Anyarat WATTHANAPHANIT*1,*3,*4,齋藤永宏*1,*2,*3,*4
15:00 電解析出法による高強度・高延性バルクナノ結晶メタルの作製
     (産総研中部*1,大阪府立大*2,JFCC*3) 
      ○松井功*1,瀧川順庸*2,横江大作*3,加藤丈晴*3,上杉徳照*2,東健司*2

15:15 休  憩(15)

15:30 ジメチルスルホン-金属塩化物浴の電気化学的挙動
     (名大院工*1,名大エコトピア研*2)
      ○鈴木優太*1,小松真士*1,黒田健介*2,興戸正純*2
15:45 ポリマー繊維導電体の開発研究
     (株式会社 サーテックカリヤ)
      ○堀江章文,田中秀和,松下巌,鈴木崇也,原英樹,大島勝英
16:00 ソリューションプラズマを用いた窒素含有炭素触媒材料の合成
     (名大院工*1,COI*2,グリモ*3,Eco Topia*4,CREST*5)
      ○林宏樹*1,Helena Oi Lun LI*1,*2,*5,齋藤永宏*1,*2,*3,*4,*5
16:15  ソリューションプラズマを用いた官能基付加によるカーボンナノチュー
      ブの分散性向上 
     (名大院工*1,COI*2,グリモ*3,Eco Topia*4,CREST*5) 
      ○原田大*1,上野智永*1,*2,*5,齋藤永宏*1,*2,*3,*4,*5
16:30  Continuous Oil/Water Separation via Antagonistic Polymer Brush 
      Meshes  
     ((独) 産業技術総合研究所)○ Gary J. Dunderdale, 浦田千尋,穂積篤

16:45休  憩(15)

17:00 交流会(技術交流フロア,管理棟2階)


>>
48 >> 戻る 
平成26年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ

主  催 (一社)表面技術協会中部支部
共  催 (公社)腐食防食学会中部支部
協  賛  (予定)(一社)日本防錆技術協会中部支部、(一社)日本熱処理
           技術協会中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技
           術研究会

恒例となりました標記『平成26年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表
会』を下記日程で行います。また、『若手奨励賞』を設けており、審査の上、
優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますようお
願い申し上げます。
また、聴講のみの方も歓迎いたしますので、ご参加ください。詳細な発表プロ
グラムにつきましては、申し込み締切り後、あらためてご案内させていただき
ます。
以上よろしくお願い申し上げます。
 
日  時 平成26年12月8日(月)13:00~17:00
会  場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915
参加費  会員無料、会員外は要旨集実費
交流会  会費1,000円(予定)で発表会終了後、技術交流フロア(管理棟2階
          )で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、表面分析、腐食
・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表12分、討論3分(予定)

講演要旨・講演申込み締切:11月14日(金)(必着)

化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)から講演要旨の書式
をダウンロードし、指示に従って講演要旨作成ならびに講演申込みを行って下さ
い。
講演申込み用書式← ここからダウンロード下さい

申込み先:表面技術協会中部支部  chubu☆sfj.or.jp  (☆は@に読み替えて送信下さい)


*昨年より講演申込みと講演要旨の投稿を一緒に行うようにしました。お間違え
の無いようお願いいたします。
※ 奨励賞の申し込みは、平成27年4月1日時点で35歳未満の方が対象となります。
ご留意の上、申し込みください。
プログラムの掲載は、化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)
に11月25日(火)を目途に掲載します。

申込みに関するお問い合わせ:(一社)表面技術協会中部支部
〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F 
(公財)中部科学技術センター内
TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469
E-mail:chubu☆sfj.or.jp  
講演に関するお問い合わせ:名古屋市工業研究所 金属・表面技術研究室 三宅
TEL 052-654-9915  E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp
(☆は@に読み替えて送信下さい)

>>
47 >> 戻る 
表面技術協会中部支部設立50周年記念講演会
― 沖 猛雄先生を偲ぶ ―

主 催 表面技術協会中部支部

共 催 愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

協 賛 PLAM研究会(予定)

日 時 平成26年9月10日(水)9:00~17:00

会 場 名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番3-4-41)
    交通:市営地下鉄名港線「六番町」下車徒歩2分

講 演 [基調講演]
    プラズマ表面技術による未来医療への挑戦
名古屋大学プラズマ医療科学国際イノベーション
センター センター長       堀 勝
    
[海外特別講演]
欧州におけるめっき技術の現状、課題と将来展望
英国IMF前会長        Paul Lansdell

自動車表面処理技術の動向 -樹脂上めっき技術を
中心に―
トヨタ自動車㈱ 先端材料技術部主査
名古屋大学客員教授        別所 毅

プリント配線板の表面処理
イビデン㈱ 常務執行役員 PWB事業本部長
匂坂 克己

めっき業の海外進出の現状
㈱サーテックカリヤ 代表取締役会長 
竹内 克弘

法規制を考慮した金属表面処理技術の現状と今後に
ついて   
ユケン工業㈱ 技術部部長     野嶋 成彦
    
安心・安全のための表面創製 -抗バイオファウリ
ング表面処理-
鈴鹿工業高等専門学校校長補佐・材料工学科教授
兼松 秀行
    
金属電気化学とリサイクル
名古屋大学エコトピア科学研究所 教授 市野 良一
    
表面処理技術が拓く明日に向けて
本会中部支部長 久米 道之
    
交流会 情報交流フロア(予定)

参加費 無料、但し交流会は有料(一人3,000円予定)

定 員 100名

申 込 参加申込書に記入し、FAXで中部支部宛にお送り
ください。交流会費は当日徴収いたします。

申込先 中部支部事務局(〒460-0011 名古屋市中区大須
1-35-18 一光大須ビル(公財)中部科学技術セン
ター内 TEL 052-231-3070, FAX052-204-1469)


>>
46 >> 戻る 
表面技術協会中部支部見学会開催のお知らせ

主催 (一社)表面技術協会中部支部
                          
 平素は当協会に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、中部支部設立50周年を記念する事業の一環として見学会を
開催する運びとなりました。そこで、会員の皆様には下記の要領で見学
会の参加者を募りますので、奮ってご参加くださいますようお願い申し
上げます。

【日 時】平成26年9月3日(水) 
     集合7:00 (名古屋駅広小路口貸切バス乗り場)JR東海バス
     解散20:10予定(名古屋駅)交通状態により遅延することが
          あります

【見学先】 上村工業(株) 中央研究所 (大阪府枚方市出口1-5-1)
      http://www.uyemura.co.jp/

(株)太洋工作所 本社工場 (大阪府大阪市旭区森小路1-2-27 )
             鶴見区工場(大阪府大阪市鶴見区緑1-15-4)
http://www.taiyomfg.co.jp/ 

【定 員】30名(先着順。定員に達した場合は、締切とさせて頂きます。)

【参加費】5,000円 (昼食・バス代・消費税を含む)

【申込方法】申込書に記入の上、8月4日(月)までに、表面技術協会中部支部宛
      FAXにてお申込み下さい。申込み締切後、参加証をお送り致します。
*参加費納入方法については参加票にてご連絡いたします。

【注意事項】同業者はお断りする場合がございますので、ご了承下さい。
      1社につき複数名のお申込みの場合は人数制限をすることがあります。

【申込先】 (一社)表面技術協会中部支部  
      〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F
      (公財)中部科学技術センター内
     Tel 052-231-3070  Fax 052-204-1469



>>
45 >> 戻る 
プラズマ技術講演会「プラズマの環境技術への応用」のお知らせ

ものづくりに付随する環境負荷をどのようにして低減するか、この課題解決に
プラズマ技術は有力なツールです。今回の講演会では、「プラズマの環境技術
への応用」をテーマに、理論と応用事例紹介の2部構成で開催します。中小製
造業の皆様に役立つ内容です。どうぞ多数ご参加ください。


PLAM研究会
愛知県鍍金工業組合
(一社)表面技術協会中部支部
鍍金技術研究会

                             記

1.日  時 平成26年3月18日(火)13:30~17:00

2.会  場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
      〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
(講演会場連絡先:(公財)名古屋産業振興公社 研究開発支援課TEL 052-736-5680)

3.内  容 

第1部 プラズマの環境技術への応用とは?
 「大気圧プラズマの環境応用」
  国立大学法人豊橋技術科学大学 環境・生命工学系 教授 水野 彰氏
第2部 産業応用事例紹介
  「工業用電気集塵装置とVOC除去装置」
    アマノ株式会社   環境系開発部              長山 栄治氏
  「プラズマと光触媒を用いる空気清浄装置」
  インパクトワールド株式会社           代表取締役社長 林 佑二氏
  「オゾナイザからガスレーザまで:バリア放電の技術と応用」
  元 三菱電機株式会社          役員技監      八木 重典氏

4.参加費 無料
5.定  員 100名(先着順)

6.参加方法 講演会参加申込書にご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお越しください。

〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
(公財)名古屋産業振興公社 PLAM研究会事務局(TEL052-739-0680) 
FAX 052-739-0682 

>>
44 >> 戻る 
平成26年度表面技術協会中部支部 支部総会並びに講演会の開催

日 時:平成26年1月27日(月)13:00~15:10

会 場:名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3F)
    名古屋市熱田区六番3-4-41 
    TEL (052)654-9915
    (交通 地下鉄名城線「六番町」下車、③番出口より徒歩2分)

総 会(13:00~13:30)
1.平成25年度事業報告
2.平成25年度会計報告および監査報告
3.平成26年度本部役員
4.平成26度支部役員案
5.平成26年度事業案
6.平成26年度予算案
7.その他

講演会(13:40~15:10) 参加費無料
「自動車部品の表面処理」
株式会社デンソー 材料技術部 
表面技術室長  菅原 博好 氏

参加方法 
氏名、会社名、役職、連絡先メールアドレスを記入の上、FAX にてお申込
みください。 
〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 
(公財)中部科学技術センター内 表面技術協会中部支部事務局 
TAL 052-231-3070  FAX 052-204-1469


>>
43 >> 戻る 
平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会のご案内

主 催 (一社)表面技術協会中部支部
共 催 (公社)腐食防食協会中部支部
協 賛 (一社)日本防錆技術協会中部支部 
       (一社)日本熱処理技術協会中部支部
        愛知工研協会 愛知県鍍金工業組合 鍍金技術研究会


平成25年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
を下記プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。
講演募集時の案内より時刻が30分遅くなっておりますので、ご注意くださ
い。
                               記

【日 時】 平成25年12月9日(月)13:30~17:00
                  交流会 17:10~
【会 場】 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
          名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915
【参 加 費】 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)
【交 流 会】 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。
【参加申込先】会社名、所属部局、氏名、懇親会の参加/否、
       連絡先(住所、TEL、FAX、E-mail)をご記入の上、FAXにて
       お申込ください。(当日も受け付けます。)
       表面技術協会中部支部 事務局 澤田まで
        FAX.052-204-1469 

************************************


平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会プログラム

平成25年12月9日(月)(名古屋市工業研究所 第1会議室)

13:30 支部長挨拶
13:40 Ti 基板上への水熱処理によるLiTi2(PO4)3 固体電解質膜の作製
   (名大院工,名大エコ研*)○嶋岡 健、久野太郎、黒田健介*、興戸正純*
13:55 直流法および交流法によるAZ31Mg合金の陽極酸化と耐食性
   (名大院工、アート1*、名大エコ研**) ○疋田和樹、西中一仁*、黒田健介**、
   興戸正純**
14:10 溶融亜鉛めっきフラックス無鉛化の研究
   (名大、名大エコ研*)○林 勇太、神本祐樹*、市野良一*
14:25 ソリューションプラズマによるCu-Fe粒子担持カーボン材料の合成
    (名大院工、名大グリーンモビリティ連携研究センター*、JST-CREST**) ○高橋 亮、
   Helena Oi Lun LI*、**、斉藤永宏*、**
14:40 休  憩(10)

14:50 ソリューションプラズマによるカーボン-セルロース複合体の合成
    (名大院工、名大グリーンモビリティ連携研究センター*、名大エコ研**) ○市川洋平、
   Helena Oi Lun LI*、斉藤永宏*、**
15:05 UPSによる酸素還元活性を示す金属ナノ粒子の表面電子状態解析
    (名大院工、名大グリーンモビリティ連携研究センター*、名大エコ研**、JST-CREST***)
   ○木下昌樹,上野智永*、***、斉藤永宏*、**、***
15:20 電析法によるアモルファスZn-Ni-Pめっき膜の作製
   (名大院工、名大エコ研*)○酒井太郎、神本祐樹*、市野良一*
15:35  ハロゲン化合物を用いたソリューションプラズマによる炭素材料の合成
   (名大院工、名大グリーンモビリティ連携研究センター*、JST-CREST**) 
   ○林 宏紀、Helena Oi Lun LI*、**、斉藤永宏*、**

15:50休  憩(10)

16:00  簡易燃料電池の可能性-1 
   (堺市立堺高、大産大工*、大産大短大**、シンワ工業***)
    ○筒井良樹、馬込正勝*、橋本健二*、松田充生*、林 清司*、井上吉昭**、
    田中憲太***
16:15 自己修復性を有するシリカ薄膜を使用した耐食性向上皮膜の利用例
   (放電精密加工研究所)○康愉基泰、川田宇一、越名崇文、足立正一郎、遠藤康彦
16:30 親生物元素を用いたはつ油処理技術
   (産総研)○浦田千尋、穂積篤
16:45 水-アルコール混合溶液中ソリューションプラズマ反応場における生成ラジカル種
   の解明
   (名大院工、名大グリーンモビリティ連携研究センター*、名大エコ研**、JST-CREST***)
   ○簾 智仁、上野智永*、***、斉藤永宏*、**、***

17:00休  憩(10)

17:10 交流会(技術交流フロア,管理棟2階)


>>
42 >> 戻る 
平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ

主  催 表面技術協会中部支部
共  催 腐食防食学会中部支部
協  賛 日本防錆技術協会中部支部、日本熱処理技術協会中部支部、
愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

恒例となりました標記『平成25年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表
会』を下記日程で行います。また、『若手奨励賞』を設けており、審査の上、
優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますようお
願い申し上げます。
また、聴講のみの方も歓迎いたしますので、ご参加ください。詳細な発表プロ
グラムにつきましては、申し込み締切り後、あらためてご案内させていただき
ます。
以上よろしくお願い申し上げます。
 

日  時 平成25年12月9日(月)13:00~17:00

会  場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費  会員無料、会員外は要旨集実費

交流会  会費1,000円(予定)で発表会終了後、技術交流フロア(管理棟2階)
          で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、表面分析、腐食
・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表12分、討論3分(予定)

講演要旨・講演申込み締切:11月15日(金)(必着)
化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)から講演要旨の書式
をダウンロードし、指示に従って講演要旨作成ならびに講演申込みを行って下さ
い。
講演申込み用書式← ここからダウンロード下さい

*本年より講演申込みと講演要旨の投稿を一緒に行うようにしました。お間違え
の無いようお願いいたします。

※ 奨励賞の申し込みは、平成26年4月1日時点で35歳未満の方が対象となります。
ご留意の上、申し込みください。

プログラムの掲載は、化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)
に11月25日(月)を目途に掲載します。

申込みに関するお問い合わせ:
 表面技術協会中部支部
 〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18 一光大須ビル7F 
(公財)中部科学技術センター内
 TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469

講演に関するお問い合わせ:名古屋市工業研究所 金属・表面技術研究室 三宅
TEL 052-654-9915  E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp


>>
41 >> 戻る 
プラズマ技術講演会

PLAM研究会
愛知県鍍金工業組合
(一社)表面技術協会中部支部
鍍金技術研究会
 
大気圧プラズマ技術は、液晶ディスプレイ(LCD)製造への活用から、CVDによる
機能性膜(透明電導膜、防汚コート、反射防止膜等)の成膜、合成繊維の高機能
化まで、様々な分野で用いられています。今回はこの大気圧プラズマ技術にフォ
ーカスし、その幅広いアプリケーションとして、研究開発及び産業応用事例につ
いてご講演いただきます。オンリー-ワン技術の開発を目指す中小製造業の皆様方
に役立つ内容です。どうぞ多数ご参加ください。

1.日  時 平成25年10月22日(火)14:00~17:00(13:00受付開始)
       ※17:15~情報交換会(事前予約制/1,000円)

2.会  場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
      〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
           (講演会場連絡先:(公財)名古屋産業振興公社 研究推進部 
             TEL 052-736-5680)

3.内  容 
  「大気圧プラズマの装置とそのアプリケーション」
       株式会社イー・スクエア          代表取締役 高島 賢二氏 
  「大気圧プラズマを利用した合成繊維製品の高機能化」
     国立大学法人奈良女子大学 研究院生活環境科学系 教授 後藤 景子氏

4.参加費 無料

5.定  員 100名(先着順)

6.参加方法 講演会参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込みください。
             参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出
             かけ下さい。

             〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
               なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
             (公財)名古屋産業振興公社
              プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)事務局
              FAX 052-739-0682  (TEL052-739-0680)


>>
40 >> 戻る 
2013 年 電気化学会北陸支部秋季大会・
表面技術協会中部支部講演・見学会 合同大会

共催:電気化学会北陸支部 表面技術協会中部支部 及びECS日本支部
 
会期:平成25年10月17日(木)、18日(金)

場所:金沢工業大学及び光精工株式会社

(1日目)10月17日(木)
会場:金沢工業大学(〒921-8501 野々市市扇が丘7-1)
アクセス: http://www.kanazawa-it.ac.jp/
○ 一般講演:9:00~12:00 及び 13:00 ~15:00
○ 若手講演:15:00~16:30
○ 特別講演:16:30~18:00
* 一般発表(1件当たり発表8分・質疑応答3分)及び若手研究者発表
 (1件当たり発表12分・質疑応答4分)でそれぞれ優秀賞を設けています。
* 特別講演には県内企業を中心に、4件ほど産学紹介講演を予定していま
  す。
○合同懇親会:18:00~20:00
* 若手研究者発表及びポスター発表の優秀賞の表彰式を行います。

(2日目)10月18日(金) 
工場見学会:光精工株式会社 
(URL: http://www.daiwa-hikari.com/hikari/)
〒923-0977石川県小松市額見町工業団地1番地
○工場紹介及び見学会:10:30〜(9:30 金沢駅集合)
* 参加費1,000円(学生1,000円)
* クロムメッキ処理、熱処理加工等の技術を用いて、油圧シリンダーのピス
トンロッド、ボトム、ピストン、シリンダーヘッドの構成部品を主に製作し
ている会社です。事前に参加希望を取らせていただき、同業者の方には見学
をご遠慮をいただくことがありますので、ご理解をお願いいたします。
 

◎講演登録:8月21日(水)までに、以下の項目を下記申込先まで電子メール
  でお送り下さい。
1.発表者(登壇者に○印)、2.講演題目、3.発表希望区分(若手、
    一般の別)、4.所属および連絡先(E-mail,電話)

◎要旨提出:9月20日(金)必着
  講演要旨のフォーマットは講演申込後にご案内いたします。一般発表はA4
  で1ページ、若手研究者発表は英文でA4 2ページの要旨を予定しています。

◎参加登録:9月20日(金)
  参加者氏名、所属及び連絡先を明記し、講演会、懇親会、見学会それぞれに
  対する参加の有無を下記申込先まで電子メールでお知らせ下さい。

◎参加費 講演会:無料  懇親会費:4,000円(学生1,000円) 
          見学会参加費:1,000円
          懇親会費、見学会費は当日受付にてお支払い願います。

世話役(代表):表面技術協会中部支部 
         金沢工業大学  草野英二
         石川県工業試験場 安井治之
         電気化学会北陸支部 
                 金沢大学理工研究域 髙橋光信

発表申込・問い合せ連絡先:
 金沢大学理工研究域 山口孝浩
 〒920-1192 金沢市角間町自然科学一号館
 TEL: 076-234-4772、FAX: 076-234-4800
 e-mail: t-yamagu☆se.kanazawa-u.ac.jp


>>
39 >> 戻る 
平成24年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
主 催 表面技術協会中部支部

共 催 腐食防食協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部 日本熱処理技術協会中部支部
    愛知工研協会 愛知県鍍金工業組合 鍍金技術研究会

平成24年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記
プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。

日 時 平成24年12月10日(月)13:30~16:45
              交流会 17:00~

会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
    名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915

参加費 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)

交流会 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。

参加申込先 FAXにてお申込ください。(当日も受け付けます。)
名古屋市工業研究所 材料技術部 金属・表面技術研究室 三宅まで
FAX.052-654-6788
参加申込み記載事項
①会社名 ②所属部局 ③名前 ④懇親会(参加/否)
⑤会社住所 ⑥連絡先 TEL、FAX

<プログラム>

13:30 支部長挨拶

13:40   1  溶融亜鉛めっきフラックスの無煙化の研究  
     (名大・学,名大・エコ研*) 
     ○大西 徹,市野良一*,神本祐樹*

13:55   2  蓄光複合被膜に関する研究 
     (大阪府立工科高校,シンワ工業㈱*,大阪産業大・工**,大阪産業大短大部***)
     ○筒井良樹,田中憲太*,馬込正勝**,林 清司**,橋本健二**,松田充生**,井上吉昭***

14:10   3  炭化・窒化による複合皮膜の形成過程に及ぼす因子の検討   
     (豊田工大・院,豊田工大*,トヨタ自動車㈱**,㈱ウメトク***)
     ○小原佑太,奥宮正洋*,恒川好樹*,Dr.Jung Hyun Kong*,外崎修司**,中本智章***

14:25   4  ソリューションプラズマによるFe-N系カーボン触媒材料の合成と評価    
     (名大・学,名大院工*,名大グリーンモビリティ**) 
     ○谷田優也,Pootawang panuphong*,齋藤永宏*,**

14:40     休  憩(10)

14:50   5  マグネシウム合金上への自己組織化単分子膜の作製とその耐食性評価      
     (名大・院,名大・エコ研*) 
     ○永田 章,興戸正純*,黒田健介*

15:05   6  交流インピーダンス法によるフタル酸樹脂系塗膜の劣化評価技術        
     (あいち産業科学技術総合センター産業技術センター) 
     ○小林 弘明,山口敏弘,林 直宏,片岡泰弘

15:20   7  バレル研磨によるバリ取り・表面仕上げ技術 
     (新東工業㈱,新東Vセラックス㈱*) 
     ○西嶋 仁,荻原直幸,内藤 隆*

15:35   8  酸素ドープ窒化インジウム薄膜のバンドギャップエネルギー制御        
     (名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ**) 
     ○大野一佳,Maria-Antoaneta Bratescu*,齋藤永宏*,**

15:50     休  憩(10)

16:00   9  ソリューションプラズマプロセスによるCNTの表面処理   
     (名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ**) 
     ○定末佳祐,上野智永*,**,齋藤永宏*,**

16:15  10  固体電解質の電子状態制御 
     (名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ**) 
     ○澤 昂平,Maria-Antoaneta Bratescu*,齋藤永宏*,**

16:30  11  13Aガスを用いた直接浸炭における煤の低減        
     (豊田工大・院,豊田工大*,東邦ガス㈱**)
     ○作田 敏,奥宮正洋*,孔 正賢*,恒川好樹*,山田正樹**,三浦新平**,清水誠也**

16:45     休  憩(15)

17:00      交流会(技術交流フロア,管理棟2階)

>>
38 >> 戻る 
プラズマ技術応用講演会
表面処理や表面改質は、ものづくり現場では欠かせない技術で、様々な手法
が研究開発されてきました。今回は、真空紫外光(VUV)を用いた表面処理と
プラズマ処理による硬質膜形成について、最先端の研究と、現場でのプラス
チックの接合、マイクロ加工や工具等への応用事例をお話しいただきます。 
たいへん興味深く、中小製造業の皆様方に役立つ内容です。どうぞ多数ご参
加ください。 

PLAM 研究会 
愛知県鍍金工業組合 
(一社)表面技術協会中部支部 
鍍金技術研究会 

日 時 平成24年5月22日(火)14:00~17:00(13:00 受付開始) 

会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
    名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271 番地129 

内 容 「VUV マイクロ表面工学の開拓」      
        国立大学法人京都大学大学院工学研究科
    材料工学専攻 教授 杉村 博之氏

    「工具と金型へのc-BN 膜の実用化」
    神港精機株式会社 装置事業部      
    真空装置技術部 開発課 主任 野間 正男氏

参加費 無料 

定 員 100 名(先着順) 

参加方法 
講演会参加申込書にご記入の上、下記宛FAX にてお申込みください。 
参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。 
〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268 番地1 
なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内 
(公財)名古屋産業振興公社プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)事務局 
FAX 052-739-0682 (TEL052-739-0680) 
※PLAM へのご入会を希望される方は、事務局までご連絡ください。 

>>
37 >> 戻る 
平成23年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
主 催 表面技術協会中部支部

共 催 腐食防食協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、日本熱処理技術協会中部支部、
    愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

平成23年度中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記
プログラムにて開催いたします。奮ってご参加ください。
講演募集時の案内より開始時刻が少し早まっておりますので、ご注意ください。

【日 時】平成23年11月28日(月)12:45~17:00
                     交流会 17:00~
【会 場】名古屋市工業研究所 第2会議室 (管理棟4階)
        名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915
【参加費】主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)
【交流会】技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)。
【参加申込先】FAXにてお申込ください。(当日も受け付けます。)
       名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅まで
       FAX.052-654-6788

プログラム

12:45 支部長挨拶

12:55  PECVD法によるポリカーボネートへの透明・硬質炭素膜の作製
(名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ連携研究センター**,名大・エコ研***)
 ○苅和慎平,寺島千晶*,齋藤永宏*,**,高井 治*,***

13:10 がん温熱療法用Fe3O4ナノ粒子の合成と物性評価
(中部大・学,中部大*) ○與語勇輝,高橋 誠*,堤内 要*,小林 猛*

13:25 スパッタリング法によるDLC膜の生成
(DOWAサーモテック(株)) ○榊原 渉,鈴木史人

13:40 ソリューションプラズマを用いたメソポーラスシリカ細孔内での銀ナノクラスター合成
(名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ連携研究センター**) 
 ○谷田優也,上野智永*,**是津信行*,**,齋藤永宏*,**

13:55 パルス電解法によるニッケルめっき
((株)中央製作所,名古屋市工研*,名大・エコ研**) 
 ○高松 輝,三宅猛司*,加藤雅章*,市野良一**

休  憩(5)

14:15 大気圧プラズマと熱処理を用いた超はっ水膜の作製
(名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ連携研究センター**,名大・エコ研***)
 ○藤本大地,高橋英昭*,上野智永*,**,是津信行*,**,高井 治*,***,齋藤永宏*,**

14:30  電着法により作製したBi2Te3薄膜の電気的特性に及ぼす熱処理効果
(中部大・学,中部大*) ○鬼頭隆太,高橋 誠*,田橋正浩*,脇田紘一*,大木戸貞夫*

14:45  電着法による超伝導性FeSe薄膜作製条件の検討
(中部大・学,中部大*) ○尾身竜乃介,高橋 誠*,田橋正浩*,大木戸貞夫*,脇田紘一*

15:00  微粉末を添加した流体潤滑膜がトライボロジー特性に及ぼす影響
(豊田工大・学,豊田工大*,日本グリース(株)**)
 ○野尻真太朗,奥宮正洋*,恒川好樹*,孔 正賢*,岩松宏樹**,幸 賢司**

15:15  硫酸浴中でのマンガン電解の高効率化
(名大・院,名大・エコ研*) ○野田愛輔,中野敦雄,神本祐樹*,市野良一*

休  憩(5)

15:35  ペプチド吸着におけるアミノ酸配列と表面官能基の影響
(名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ連携研究センター**,名大・エコ研***)
 ○渡会冬樹,上野智永*,**,是津信行*,**,寺島千晶*,齋藤永宏*,**,高井 治*,***

15:50  交流インピーダンス法を用いた防食塗膜の耐食性評価
(愛知県産業技術研究所) ○小林弘明,山口敏弘,林 直宏,片岡泰弘

16:05  自己組織化メタルナノドットアレイの作製及びフローティングナノドットメモリへの応用
(名大・院,名大院工*,名大グリーンモビリティ連携研究センター**,阪大院工***,名大・エコ研****)
 ○鷲見竜太郎,上野 智永*,**,是津信行*,**,細井卓治***,渡部平司***,高井 治*,****,齋藤永宏*,**

16:20   水酸アパタイト薄膜による鉛イオンの除去
(名大・院,名大院工*) ○立松佳樹,黒田健介*,興戸正純*

16:35   多層ニッケルめっきの耐蝕性測定装置
((株)中央製作所) ○小崎 崇
                
休  憩(10)

17:00   交流会(技術交流フロア,管理棟2階)

>>
36 >> 戻る 
鍍金技術講演会
主 催 名古屋市工業研究所 鍍金技術研究会 愛知県鍍金工業組合 
    (一社)表面技術協会中部支部
 
電気自動車の普及で、一層軽量化が求められ、プラスチックや炭素繊維への
期待が高まっている。こうした素材の転換は新たな表面処理の需要開拓につ
ながる。プラスチックのめっきに際しては、表面の導体化が必要であり、素
地とめっき膜の十分な密着性確保が課題である。今後、素材の変化に対応す
る表面処理に関する講演をシリーズで開催するが、第1回は、密着性向上に
新たな局面を開拓した超臨界プロセスと、わかっているようで、本当はあま
り良くわかっていない無電解めっき反応の触媒を取り上げます。めっき技術
の局面打開に役立ちます。どうぞ多数ご参加ください。 

1.日 時 平成23年10月17日(月)13:30~16:20

2.会 場 名古屋市工業研究所 視聴覚室(電子技術総合センター1F)
      〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4―41

3.内 容

 「超臨界二酸化炭素を用いる高分子・繊維材料のめっき」
  福井大学大学院工学研究科教授  堀 照夫氏 

 「Pd-Sn触媒と無電解めっき -めっきプロセスの常識を再考する-」
  上村工業株式会社中央研究所基礎研究担当課長  鈴木祥一郎氏 

4.参加費 無料

5.定 員 60名(先着順)

6.参加方法 
講演会参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込みください。
参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。

(問合せ先)
〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4-41
名古屋市工業研究所材料化学部表面技術研究室 
松本宏紀(鍍金技術研究会事務局)TEL052-654-9911

>>
35 >> 戻る 
浜松地区講演大会
主 催 表面技術協会中部支部 浜松工業技術支援センター
    静岡県鍍金工業組合 

1 日 時 平成23年8月23日(火)13:30~16:15
 
2 会 場 浜松工業技術支援センター (浜松市北区新都田1-3-3)
      
3 内 容
 
「太陽電池の研究開発動向と溶液化学プロセスの活用」 13:35~14:35
 国立大学法人 豊橋技術科学大学 伊﨑 昌伸 氏
 太陽電池は代表的な再生可能エネルギー源であり、従来からのSi系 に加え、
 Cu(InGa)Se2系 などの薄膜太陽電池が脚光を浴びている。本講演では、最近
 の太陽電池の研究開発動向と、その製造プロセスにおいて重要な役割を果た
 している溶液化学プロセスについて概説する。

「自動車部品の表面処理」 15:00~16:00
 株式会社デンソー 菅原 博好 氏
 自動車部品の表面処理は、耐食性、摺動特性、電磁気特性など要求機能が
 多様化し、それらを低環境負荷で達成しなければならない時代である。本講
 演では、自動車部品の課題と弊社の開発事例を紹介する。

4 定 員 80名(先着順)

5 参加費 無 料

6 申込み 8月21日までに静岡県工業技術研究所ホームページのお申し込み
      フォーム、e-mail、FAXの何れかでお申し込みください。
      参加証は発行いたしませんので、断りの連絡がない限りそのままご参加ください。

7 申込み先 浜松工業技術支援センター 材料科 (担当 田光)
       FAX  053-428-4160 (TEL 053-428-4156)
       e-mail takou☆iri.pref.shizuoka.jp

>>
34 >> 戻る 
プラズマ技術応用講演会
液中プラズマ技術は溶液中の有機物分解を薬品を用いずに行うことができる
環境に優しい技術です。有機物の分解のほかにも応用範囲は幅広く、液体を
使った様々なプロセスに導入することが期待できます。今回はこの液中プラ
ズマ技術をテーマとして取り上げ、最新の研究成果と、実際の導入事例につ
いてご講演いただきます。オンリー-ワン技術の開発を目指す中小製造業の
皆様方に役立つ内容です。どうぞ多数ご参加ください。

主催 PLAM研究会 愛知県鍍金工業組合 表面技術協会中部支部
   鍍金技術研究会

1.日時 平成23年7月20日(水)14:00~17:00(13:00受付開始)

2.会場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
     〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
  (講演会場連絡先:(財)名古屋産業振興公社 研究推進課 TEL 052-736-5680)

3.内容 「液中プラズマプロセスの開発 -サステナブルエネルギー社会を目指して-」
     国立大学法人愛媛大学大学院理工学研究科 
     生産環境工学専攻 教授 野村 信福氏
 
    「水中放電プラズマを利用した除菌技術」
     三菱電機株式会社 先端技術総合研究所
     環境システム技術部 主席研究員 太田 幸治氏

4.参加費 無料

5.定員 100名(先着順)

6.参加方法 講演会参加申込書にご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
       参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。

〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
(財)名古屋産業振興公社プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)事務局
FAX 052-739-0682  (TEL052-739-0680)

>>
33 >> 戻る 
鍍金技術講演会
主 催 名古屋市工業研究所 鍍金技術研究会 表面技術協会中部支部
    愛知県鍍金工業組合

このたびの「東日本大震災」により、多くの尊い命が奪われ、甚大な被害が
生じましたことに心より哀悼の意を表します。被災された地域の一日も早い
復旧をお祈り申し上げます。
さて、本地域は、東海地震、南海地震、東南海地震がいつ生じてもおかしく
ないと言われております。このような地震などの災害に対して生ずるであろ
う危険や事故を未然に防ぐことはもちろんのこと、実際に生じたときに対す
る危機管理をどのように行うかは大変重要です。そこで、本講演会ではめっ
き事業所における災害対策についてご講演頂きます。ご興味のある方は奮っ
てご参加ください。

         記

1.日 時 平成23年5月19日(木) 13:30~15:40

2.会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟 3F)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
     TEL 052-654-9915、9911

3.内 容

「めっき事業所における危機管理」   13:30~14:30
 全国鍍金工業組合連合会 武田 光史 氏

 休憩                14:30~14:40

「災害に強い表面処理システムの構築」 14:40~15:40
 (株)中央製作所 第二製品開発部次長 榊原 邦也 氏

4.参加費  無料

5.定 員  90名

6.参加方法 申込書にご記入の上、FAXによりお申し込みください。
      参加証は発行いたしません。こちらから連絡がない限り、
      当日ご参加ください。

7.問い合わせ 〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
       名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅まで
       TEL 052-654-9915   FAX 052-654-6788

>>
32 >> 戻る 
表面処理の明日を拓く国際シンポジウム
表面技術協会中部支部設立50周年記念プレイベント
表面処理技術は、ものづくりの基盤技術として、工業製品の品質を保証し、
その機能発現に必要不可欠なものであり、その技術の素晴らしさはもっと
正当に評価されるべきです。表面処理技術は、分子・原子レベルで物性を
制御する正しくナノテクノロジーです。今回、当該分野におけるドイツ、
イタリアそして我が国のトップリーダーが表面処理の明日を見つめて語り
ます。また、愛知県鍍金工業組合が総力を挙げて取り組んだサポイン事業
の成果も改めて報告されます。表面処理技術に関心をもつすべての皆様、
是非お集まりください。表面処理の明日を拓くために。 

主 催 表面技術協会中部支部

共 催 名古屋市工業研究所 愛知県鍍金工業組合 
    (社)表面技術協会中部支部 鍍金技術研究会

日 時 平成23年1月28日(金)13:00~17:00(12:30受付開始)通訳あり

会 場 名古屋市工業研究所ホール
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4-41 TEL 052-661-3161(代)

内 容 「電極反応速度と析出物の構造」(英語講演)
     Politecnico di Milano, Prof. Pietro Luigi Cavallotti氏 

    「高強度鋼部品の亜鉛-ニッケルめっき」(英語講演)
     DGO (前 BAM), Prof. Dr. W. Paatsch氏 

    「次世代防錆めっきシステムの開発」
    (財)名古屋産業振興公社プラズマ技術産業応用センター長 久米道之

    「表面処理・改質の未来希望と展望」
     名古屋大学 名誉教授 沖 猛雄氏

懇親会 情報交流フロア(管理棟2F)17:15~18:30 
    参加費2,000円、当日徴収します。

参加費 無料

定 員 300名

参加方法 
参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込みください。
参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。
〒460-0011 名古屋市中区大須一丁目35-18一光大須ビル 
(財)中部科学技術センター内 (社)表面技術協会中部支部 
TEL052-231-3070  FAX 052-204-1469

>>
31 >> 戻る 
平成22年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
主 催 表面技術協会中部支部

共 催 腐食防食協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、日本熱処理技術協会中部支部、
    愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

中部支部主催の表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会を下記要領で
行います。課題を追求し研究を遂行する上で、報告書をまとめ上げる過程
で、また、その成果を発表する場を通じて得られる経験は、技術者の実務
能力を高め、企業組織の活力と発展をもたらすものです。また、交流会を
通して得られる人的ネットワークは相互に有益な知的アウトソーシングと
云うべきものとなるでしょう。皆様のご参加をお待ちしております。
この先の研究の励みになればと、発表者に対し「若手奨励賞」を設けてお
ります。研究し始めたばかりの学生、入社したばかりの若手社員には思う
ように実験・研究が進まず困惑している方もお見えになるかもしれません。
従いまして、研究の完成度よりも、実験・研究に対する理解度、聞き手への
説明の仕方(プレゼンテーション)に重きを置いて評価するものです。
発表する若手へのコメント・アドバイスを含め、多数の方々のご参加を期
待いたします。また、非会員の方でもご興味をお持ちの方がお見えになり
ましたらお誘いくださいますようお願い申し上げます。

【日 時】 平成22年12月6日(月)13:00~17:05
              交流会 17:15~

【会 場】 名古屋市工業研究所 第1会議室 (管理棟3階)
     名古屋市熱田区六番3-4-41  電話052-654-9915

【参 加 費】 主催・協賛会員無料(会員外は要旨集実費500円)

【交 流 会】 技術交流フロア(管理棟2階)で行います(無料)

【参加申込先】 FAXにてお申込ください。(当日も受け付けます)
       名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅まで
       FAX.052-654-6788

プログラム

13:00   支部長挨拶

13:10   電析法によるNi-Zn-P3元合金めっきの作製と特性評価
(名大・院,名大・エコ研*,名大院工**) 
○山本浩太,市野良一*,興戸正純**

13:25   電子部品接点における高耐食性Auめっき技術の開発        
(旭鍍金㈱,名古屋市工研*) ○明石隆文,森川 均,松本宏紀*

13:40   パルス電源を用いたニッケルめっき
(㈱中央製作所,名古屋市工研*,名大・エコ研**) 
○高松 輝,三宅猛司*,加藤雅章*,市野良一**

13:55   水中プラズマを用いた鋼の表面改質
(豊田工大・院,豊田工大*) ○竹田智徳,奥宮正洋*,恒川好樹*

14:10   陽極酸化法により作製したTiO2皮膜の骨伝導性におよぼす水溶液種の影響
(名大・院,名大院工*,名大・エコ研**) 
○有井一志,飯田崇史,黒田健介*,市野良一**,興戸正純*

休  憩(5)

14:30   大気圧プラズマジェットを用いた超はっ水膜の形成
(名大・院,名大院工*,大阪市大院工**,名大・エコ研***,JST-CREST****)
○高橋嘉仁,稗田純子*,白藤 立**,齋藤永宏***,****,高井 治**,****

14:45   ダイカスト金型を長寿命化するハードコーティング技術の開発
(静岡県工技研) ○田中翔悟,真野 毅,高木 誠

15:00   高分子電解質ブラシ表面の摩擦特性
(名大・院,名大院工*,東京都市大**,名大・エコ研***,JST-CREST****)
○則竹貴史,稗田純子*,藤間卓也**,齋藤永宏***,****,高井 治*,****

15:15   抗菌性DLC成膜低温小型成膜装置の開発
(㈱三共製作所,東京電機大*,兵庫県立大**,㈱半一***)
○増子貞光,平栗健二*,東 欣吾**,坂本仁志***,雫 二公雄

15:30   リモート式大気圧プラズマを用いた高分子表面改質における酸素の影響
(名大・院,大阪市大院工*,名大院工**,名大・エコ研***,JST-CREST****) 
○栗木貴史,白藤 立*,趙 星彪**,齋藤永宏***,****,高井 治**,****

休  憩(5)

15:50   放電プラズマ焼結による単層メタルボンド砥石の創成
(豊田工大・院,豊田工大*) ○林 義之,奥宮正洋*,恒川好樹*

16:05   ケミカルポーラスの開発について
((㈱)極東精機) ○秋豆和明

16:20   ソリューションプラズマによる疎水性メソポーラスシリカの評価
(名大・院,名大院工*,名大・エコ研**,JST-CREST***)
○田中秀和,稗田純子*,齋藤永広**,***,高井 治*,***

16:35   走査レーザー誘起蛍光法による乾式/湿式微量蛍光物質の表面分布分析
(名大・院,名大院工*,JST-CREST**) ○大塚一平,高井 治*,**

16:50   メタノール中での高周波誘導加熱による鋼の表面改質
(豊田工大・院,豊田工大*) ○小川雄大,奥宮正洋*,恒川好樹*

休  憩(10)

17:15   交流会(技術交流フロア,管理等2階)

>>
30 >> 戻る 
プラズマ技術講演会
PLAM研究会
(社)表面技術協会中部支部
鍍金技術研究会

内閣府は日本の4~6月期の名目GDPが同期の中国を下回ったことを発表しました。
我が国の製造業はこのような状況下で、ものづくり基盤の強化、技術の一層の高
度化を図って前進しなければなりません。今回の講演会ではプラズマによる表面
加工で最も身近であり、ものづくりの様々な分野で利用可能、製品化も進んでい
るDLC技術をトピックスとしました。当該分野における最新の研究成果だけでは
なく、企業における産業応用事例を併せてご紹介いただくことで、中小製造業の
皆様にとって、より一層役立つ内容となっています。どうぞ多数ご参加ください。 

日 時 平成22年9月24日(金)13:30~16:30(12:45受付開始)

会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
    〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129

    講演会場連絡先:(財)名古屋産業振興公社 研究推進課 
    TEL 052-736-5680
   ※(財)名古屋都市産業振興公社は9月1日、(財)名古屋産業振興公社に名称
    変更しました。

内 容「薄膜の高機能化を実現するフィルタードアーク蒸着システム」
    豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系  教授 滝川 浩史氏 

   「水素フリーDLC膜の工具への適用」
    日立ツール(株) 基盤技術研究センター 主任研究員 石川 剛史氏 

参加費 無料

定 員 150名(先着順)

参加方法 講演会参加申込書にご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
     参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出か
     け下さい。

     〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
     なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
     (財)名古屋産業振興公社プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)事務局
     FAX 052-739-0682  (TEL 052-739-0680)

>>
29 >> 戻る 
表面技術協会中部支部 静岡地区講演大会
~航空宇宙分野のめっきについて~
主 催 表面技術協会中部支部 静岡県工業技術研究所 静岡県鍍金工業組合

日 時 平成22年6月16日(水)13:30~16:30 

会 場 静岡県工業技術研究所 (静岡市葵区牧ヶ谷2078)
    交通案内 http://www.iri.pref.shizuoka.jp/shizuoka/access.html 

内 容
 
「航空機の表面処理と新規参入の課題について」
 株式会社JALテクノサービス 徳永俊二

航空機の機体及びエンジンは、最近では強化プラスチック材料の使用が高まって
いるものの、依然として殆ど金属材料が使われています。それらの表面技術次第
で機体・エンジンの寿命に大きな影響を及ぼすことになるため、高度な品質を維
持する必要があり、現状では環境汚染の原因となる化学物質を使用した表面技術
に頼らざるを得ない状況下にあります。また、一般産業分野と異なった特別な品
質管理等の仕組みが要求されているため、環境問題を含めた特殊管理に関する事
項と新規参入における課題について解説します。

「ロケットエンジンの表面処理」  
 独立行政法人 JAXA角田宇宙センター 先進技術研究グループ 吉田誠

ロケットの機体やエンジンは燃料が極低温(液体水素:20K、液体酸素:90K)で
あることに加えて、高速回転、高温・高圧など特殊な環境で使われています。
そのためほとんどの部品が金属であり、かつ表面処理により機能が強化されている
要素が多数組み込まれています。このような特殊なロケットの世界の一端をご紹介
致します。

定 員 80名(先着順)

参加費 無 料

申込み 6月14日までに静岡県工業技術研究所ホームページのお申し込みフォーム、
    e-mail、FAXの何れかでお申し込みください。
    参加証は発行いたしませんので、断りの連絡がない限りそのままご参加
    ください。

申込み先 静岡県工業技術研究所 浜松工業技術支援センター 
     材料科 (担当 田光)
     FAX  053-428-4160 (TEL 053-428-4156)
     e-mail takou☆iri.pref.shizuoka.jp

>>
28 >> 戻る 
プラズマ技術講演会
PLAM研究会
(社)表面技術協会中部支部
鍍金技術研究会

製造業生産拠点の海外移転が加速する状況下で、我が国のものづくり基盤強化が
強く求められています。神奈川県では平成18年度から環境調和型機能性表面プ
ロジェクトが実施され、表面処理分野における、環境調和を競争力とする新たな
製造技術、商品開発を目指した産学公の連携活動が展開されています。このプロ
ジェクトの中心課題である「DLCの低コストな成膜技術や新用途開発」を担当さ
れたのが、慶應義塾大学鈴木哲也教授です。研究成果の技術移転の方策も含めた
興味深いお話です。同時に名古屋市による平成21年度創造的プラズマ技術産業
応用研究開発事業費補助金事業の成果発表も行います。平成22年度当該事業の
募集説明も行います。どうぞご参加ください。

1.日 時 平成22年5月17日(月)14:00~17:00(13:00受付開始)

2.会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
      〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
(講演会場連絡先:(財)名古屋都市産業振興公社 研究推進課 TEL 052-736-5680)

3.内 容
 「大気圧プラズマ法で作製した炭素膜の現状と応用」
  慶應義塾大学 教授 鈴木哲也氏 

 「平成21年度創造的プラズマ技術産業応用研究開発事業費補助金事業成果発表会」
  COM電子開発㈱、日進機工(株)、(株)豊電子工業
  平成22年度創造的プラズマ技術産業応用研究開発事業費補助金事業の募集説明

4.参加費 無料

5.定 員 150名(先着順)

6.参加方法 
 講演会参加申込書にご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
 参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。

 〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
 なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
 (財)名古屋都市産業振興公社プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)事務局
 (TEL052-739-0680)
 FAX 052-739-0682

>>
27 >> 戻る 
平成21年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ
主 催 表面技術協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、腐食防食協会中部支部、
    日本熱処理技術協会中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、
    鍍金技術研究会(予定)

恒例となりました標記『平成21年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を
下記日程で行います。また,『若手奨励賞』を設けており,審査の上,優秀な発表者
にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますようお願い申し上げます。
また,聴講のみの方も歓迎いたしますので,ご参加ください。詳細な発表プログラム
につきましては,申し込み締切り後,あらためてご案内させていただきます。
以上よろしくお願い申しあげます。
 
日 時 平成21年12月14日(月)13:00~17:00

会 場 名古屋市工業研究所 第2会議室(管理棟4階)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費 会員無料、会員外は要旨集実費

交流会 会費1,000円(予定)で発表会終了後,技術交流フロア(管理棟2階)
    で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
     陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、
     表面分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表15分、討論5分(予定)

講演申込締切:11月20日(金) 延長 11月30日(月)

応募要領 化学関係学協会ホームページ(http://www.c-goudou.org/)行事参加
     受付から参加申込フォームにアクセスし、必要事項をご記入の上送信
     下さい。
     後日申込者には、別途講演要旨作成の書式(表面技術協会講演大会書式
     に同じ,1~2頁)と送付先をご連絡します。
     *奨励賞の申し込みは、平成22年4月1日時点で35歳未満の方が対象と
      なります。ご留意の上、申し込みください

講演要旨締切:12月4日(金)(必着)(表面技術協会講演大会と同じ書式)

申し込みに関するお問い合わせ:表面技術協会中部支部
     〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22 中部科学技術センター内
     TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469

講演に関するお問い合わせ:名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅
     TEL 052-654-9915  E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp

>>
26 >> 戻る 
講演会「めっきの腐食を考える」(仮題)
主催:鍍金技術研究会 名古屋市工業研究所 表面技術協会中部支部 
   愛知県鍍金工業組合

鍍金技術研究会の総会に引き続いて開催します講演会では、今年11月に3カ年の
研究開発期間を終了します戦略的基盤技術高度化支援事業「次世代防錆めっき
システムの開発」を見据え、めっきの腐食について考えます。講演される渡辺
先生は、ナノプレーティング研究会を主宰され、「めっきを科学に」を目指し、
湿式めっきについて、特に金属学的立場から、めっき膜の構造解析を中心に精
力的な研究を続けておられます。ともすれば経験的技術に頼りがちなめっきに
科学の光を当て、めっきの地位向上に尽力されています。また、同先生は腐食
について渡辺理論を提唱され、従来の腐食の考え方に一石を投じています。今
回は同先生の腐食理論を中心にご講演をしていただきます。なお、上記しまし
た戦略的基盤技術高度化支援事業は、愛知県鍍金工業組合に加盟する企業が共
同で取り組んだもので、この事業終了後には研究開発成果を組合員企業に広く
お知らせする予定です。皆様、どうぞ多数ご参加下さい。

日 時 平成21年8月21日(金) 午後1:40~2:40

場 所 名古屋市工業研究所 視聴覚室 (電子技術総合センター 1F)

内 容  「めっきの腐食を考える」(仮題)
      芝浦工業大学  渡辺 徹 氏

参加費 無料

定 員 60名

参加申込 
参加希望の方は、下記項目申込書にご記入の上、FAXにて8月18日(火)までに
お申込み下さい。

会社名 〒  所在地   TEL  FAX
所属  氏名

>>
25 >> 戻る 
鍍金技術講演会
主 催 名古屋市工業研究所 鍍金技術研究会 表面技術協会中部支部
    愛知県鍍金工業組合

近年、めっき排水処理工程から生ずるスラッジの減量化とめっき液中に含ま
れる金属塩のリサイクルは、金属資源を有効活用する上で重要な技術となっ
ています。特に無電解ニッケルめっきにおいて数ターンの使用でめっき液の
更新を行うことから、無電解ニッケルめっきを行っているめっき業者におい
て無電解ニッケルめっきの長寿命化は興味深い技術であろうと思われます。
そこで、今回無電解ニッケルめっきの長寿命化とその金属塩のリサイクル技
術について講演して頂きますので、奮ってご参加下さい。

日 時 平成21年6月22日(月) 13:30~14:30

会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟 3F)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
    TEL 052-654-9915 

内 容
無電解ニッケルめっきの長寿命化及び金属塩のリサイクル 13:30~14:30
    日本カニゼン(株)    斎木 幸則 氏

参加費 無料

定 員 90名

参加方法
申込書(下記へご請求ください)にご記入の上、FAXによりお申し込みください。
参加証は発行いたしません。こちらから連絡がない限り、当日ご参加ください。

問い合わせ 〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
      名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅まで
      TEL 052-654-9915   FAX 052-654-6788

>>
24 >> 戻る 
平成21年(2009年)度 電気化学会北陸支部 秋季大会
表面技術協会中部支部 講演会・見学会 合同大会
共催:電気化学会北陸支部、ECS日本支部 及び 表面技術協会中部支部 

協賛:電気化学会東海支部

会期:平成21年9月24日(木)、25日(金)

場所:金沢大学角間キャンパス及び石川県工業試験場

(1日目)9月24日(木)
○研究発表会:9:00~12:00 及び 13:00 ~17:00
 会場:金沢大学角間キャンパス自然科学本館レクチャーホール(金沢市角間町)
 アクセス: http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/access/index.html
 *一般発表(ショートプレゼンテーション5分+ポスター80分程度)及び若手
  研究者発表(1件当たり発表12分・質疑応答5分)でそれぞれ優秀賞を設けています。

○合同懇親会:17:30~19:30(生協食堂)
 * 参加費5,000円(学生2,000円)
 * 若手研究者発表及びポスター発表の優秀賞の表彰式を行います。

(2日目)9月25日(金) 
○特別講演会:9:10~11:10
 会場:石川県工業試験場5F第2研修室(金沢市鞍月2-1)
 アクセス:http://www.irii.jp/traf/traf.htm
 電化1件、表協1件 (講演は、質疑応答を含め1件当たり45分) 

 1.「温故知新」(仮題)
   講師:金沢大学名誉教授、電気化学会北陸支部・前支部長 池田 修氏

 2. 「石川県におけるコーティング研究の取組み」(仮題)
   講師:石川県工業試験場 粟津 薫氏

○石川県工業試験場内の見学:11:15~12:00

○工場見学会:13:00~15:40 (参加費無料) その後、解散
 フジタ技研(株) 能美市粟生町西702番(熱処理、コーティング業)

*事前に参加希望を取らせていただき、同業者の(利害関係のある)方には見学
 のみご遠慮をいただくことがありますので、ご理解をお願いいたします。
 
講演申込締切と申し込み方法 8月3日(月)以下の項目を電子メールでお送り下さい。
 1.発表者(登壇者に○印)
 2.講演タイトル
 3.発表希望区分(若手講演、一般発表の別)
 4.所属および連絡先(E-mail,電話)
 5.懇親会参加者氏名
 6.見学会参加者氏名 
 7.参加費合計 
を下記申込先へ電子メールでお知らせ下さい。

講演要旨締切 8月21日(金)A4で1ページ。
       若手研究者発表についてはA4英文で2ページ。 

講演会参加費 無料     懇親会費 5,000円(学生2,000円)

見学会参加費 1,500円(昼食代です。昼食を希望されない方は無料です。)

詳細はhttp://kohka.ch.t.kanazawa-u.ac.jp/lab2/denka21.htmlをご覧下さい。

      世話役:電気化学会北陸支部 金沢大学 高橋光信・山口孝浩
          表面技術協会中部支部 石川県工業試験場 安井治之

発表申込・問い合せ連絡先:
金沢大学理工研究域 桑原貴之
〒920-1192 金沢市角間町
TEL: 076-234-4770、e-mail: tkuwa☆t.kanazawa-u.ac.jp

>>
23 >> 戻る 
プラズマ技術産業応用講演会
我が国製造業を支えるものづくり基盤技術の革新は活力ある日本の再生に
不可欠です。こうしたものづくり基盤技術の高度化、高付加価値化を図る
上で、プラズマ技術は有力なツールです。今回の講演会では、「表面を硬
くする」という視点から、窒化による表面改質をトピックスとしました。
窒素原子を直接的に用いたアトム窒化法による硬化等、興味深い技術が紹
介されます。中小製造業の皆様に関心の高い表面の機能化に役立つ内容で
す。どうぞ多数ご参加ください。なお、名古屋市において新型インフルエ
ンザが発生した場合、状況により集客施設の利用が休止されるため、講演
会を中止する場合がありますことを予めご了承ください。

PLAM研究会 (社)表面技術協会中部支部 鍍金技術研究会
愛知県鍍金工業組合

日 時 平成21年6月19日(金)14:00~17:00

会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
    〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
   (講演会場連絡先:TEL 052-736-5680)

内 容 鋼とアルミニウムの表面硬化へのプラズマの応用
    豊田工業大学 研究教授 奥宮正洋氏 

    プラズマを用いた表面改質の研究
    豊田工業大学 教授   原 民夫氏
 
参加費 無料

定 員 150名

参加方法 
講演会参加申込書(下記へご請求ください)に必要事項をご記入の上、FAXにて
お申込みください。
参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。
〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
(財)名古屋都市産業振興公社 PLAM研究会事務局(TEL052-739-0680) 
FAX 052-739-0682

>>
22 >> 戻る 
プラズマ技術産業応用講演会
我が国のものづくりの中枢圏域である当地域は未曽有の経済危機の中で大きな
影響を受けており、特に中小製造業は深刻な状況にあります。かかる事態の中
で、既存技術の高度化、新たな付加価値の付与、環境負荷の低減等による技術
革新こそが、当地域が磨き上げてきたものづくり力を錆つかせることなく、危
機をチャンスに変えて進化させる駆動力です。東海地域が世界に誇る最先端
プラズマ研究がどのようにものづくりの技術革新に寄与できるか、科学技術と
産業応用の最前線から、中小製造業に役立つ情報、技術を紹介していただきま
す。どうぞ多数ご参加ください。
                             PLAM研究会
                      (社)表面技術協会中部支部
                           鍍金技術研究会
                        愛知県鍍金工業組合記

1.日 時 平成21年4月20日(月)(14:00~17:00)

2.会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
      〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
     (会場連絡先:TEL 052-736-5680)

3.内 容
 「産業応用を目指したプラズマ装置開発 ―ものつくりの最先端ツール―」
  名古屋大学大学院工学研究科 教授 豊田浩孝氏 

「自動車における表面処理とプラズマ技術への期待」
  トヨタ自動車株式会社パワートレーン材料技術部
  機能材料室第3電子開発部部付  別所 毅氏

 なお、講演終了後、情報交流会(有料、1名1,000円)を開催します。

4.参加費 無料

5.定 員 150名

6.参加方法 申込書にご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
  参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。
  〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
  なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
 (財)名古屋都市産業振興公社 PLAM研究会事務局(TEL052-739-0680) 
  FAX 052-739-0682  
 なお、情報交流会の出欠につきましては、参加申込書中、氏名欄の参加、
 不参加どちらかに○を付してください。
 交流会参加費は当日徴収させていただきます。

>>
21 >> 戻る 
平成20年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ
恒例となりました標記研究交流発表会を下記日程で行います。また,『若手奨励賞』を
設けており,審査の上,優秀な発表者にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くだ
さいますようお願い申し上げます。
また,聴講のみの方も歓迎いたしますので,ご参加ください。詳細な発表プログラムに
つきましては,申し込み締切り後,あらためてご案内させていただきます。
以上よろしくお願い申しあげます。

主 催 表面技術協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、腐食防食協会中部支部、
    日本熱処理技術協会中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、
    鍍金技術研究会

日 時 平成20年12月12日(金)13:00~17:00(予定)

会 場 名古屋市工業研究所 第2会議室(管理棟4階)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費 会員無料、会員外は要旨集実費

交流会 会費1,000円(予定)で発表会終了後,技術交流フロア(管理棟2階)で
    行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
     陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、
     表面分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表15分、討論5分(予定)

講演申込締切:11月14日(金)

応募要領 
化学関係学協会ホームページ(このホームページ http://www.c-goudou.org/)
行事参加受付から参加申込フォームにアクセスし、必要事項をご記入の上送信下さい。
後日申込者には、別途講演要旨作成の書式(表面技術協会講演大会書式に同じ,
1~2頁)と送付先をご連絡します。

*奨励賞の申し込みは、平成21年4月1日時点で満35歳未満の方が対象となります。
ご留意の上、申し込みください

講演要旨締切 11月25日(火)(必着)(表面技術協会講演大会と同じ書式)

申し込みに関するお問い合わせ
表面技術協会中部支部
〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22 中部科学技術センター内
TEL 052-231-3070、FAX 052-204-1469

講演に関するお問い合わせ
名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅
TEL 052-654-9915  E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp

>>
20 >> 戻る 
表面技術協会中部支部見学会
主 催 (社)表面技術協会中部支部

共 催 愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

日 時 平成20年10月15日(水) 
    集合7:50 (金山総合駅南口(ボストン美術館側) )
    解散18:00予定(名古屋駅)

見学先 (株)塚田理研工業 (駒ヶ根市赤穂 16397-5)
      事業内容 プラめっき
       http://www.tukada-riken.co.jp      
    (株)キョウデン (上伊那郡箕輪町大字三日町482-1)
      事業内容 プリント基板設計および製造
       http://www.kyoden.co.jp

定 員 25名 (先着順。定員に達した場合は、締切とさせて頂きます。)

参加費 6,000円 (昼食・バス代・消費税を含む)

参加方法 会社名、所属部署・役職、所在地、参加者名をご記入の上、9月30日(火)
     までに表面技術協会中部支部までFAXにてお申し込み下さい。
     申込み締切後、参加証をお送り致します。
     *参加費納入方法ついては参加票にてご連絡いたします。

注意事項 同業者はお断りする場合がございますので、ご了承下さい。
     1社につき複数名のお申込みの場合は人数制限をすることがあります。

申込先 表面技術協会中部支部
    〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22(財)中部科学技術センター内
    Tel 052-231-3070  Fax 052-204-1469

>>
19 >> 戻る 
プラズマ技術応用講演会
(社)表面技術協会中部支部 鍍金技術研究会 愛知県鍍金工業組合
PLAM研究会

高硬度で低摩擦係数、耐摩耗性に優れたDLC(ダイヤモンドライクカーボン)膜は、
自動車が抱える課題の解決に有効であるとして、量産部品を含めてその実用化が
進んでいます。ここではプラズマ技術により成膜されるDLC技術の現状とバイオ、
電気・電子分野など今後展開が期待される応用について展望していただくとともに、
実際にDLC技術が自動車部品に開発された経緯と今後の応用についてご講演してい
ただきます。どうぞ多数ご参加ください。なお、次回はプラズマ表面改質による
ものづくりイノベーションをテーマにして、国際シンポジウムを開催する予定です。
ご期待ください。

日 時 平成20年9月30日(火)14:00~17:00

会 場 なごやサイエンスパーク サイエンス交流プラザ 大会議室
    〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271番地129
   (会場連絡先:TEL 052-736-5680)

内 容 DLC技術の現状と今後の応用展開
    名古屋大学大学院工学研究科 准教授 大竹尚登氏 

    自動車産業におけるDLCコーティングの開発と応用
    (株)豊田中央研究所     主監  太刀川英男氏
 
参加費 無料

定 員 150名

参加方法 下記項目をご記入の上、下記宛FAXにてお申込みください。
     会社名、郵便番号、所在地、TEL、FAX、氏名、所属役職

参加証は発行いたしません。断わりの連絡がない限り、どうぞお出かけ下さい。

〒463-0003 名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2268番地1
なごやサイエンスパーク 先端技術連携リサーチセンター内
(財)名古屋都市産業振興公社 PLAM研究会事務局(TEL 052-739-0680) 
FAX 052-739-0682

>>
18 >> 戻る 
平成20年(2008年)度 
電気化学会北陸支部秋季大会 
表面技術協会中部支部講演会・見学会 合同大会
主 催 電気化学会北陸支部
    表面技術協会中部支部

共 催 電気化学会 

表面技術協会中部支部では、電気化学会北陸支部と標記のように、合同大会を
開催します。特に北陸地区の会員方々の積極的な参加を期待しますが、他地区
の会員も参加できます。どうぞご参加ください。

会 期 平成20年9月25日(木)、26日(金)

場 所 富山大学黒田講堂(富山市五福)及び
    (株)ユニゾーン(富山市綾田町1-9-38)

(1日目)9月25日(木)

研究発表会 9:30~11:50 及び 13:10 ~17:00
(会場:富山大学黒田講堂 1階会議室 及び 2階ラウンジ)
* 一般発表(1件12分2分)、若手研究者発表(1件15分4分で6件程度)を1会場で
  行うほか、ポスター発表(発表時間45分)も行います。

合同懇親会 17:30~19:30(生協カフェテリアAZAMI)
* 参加費5,000円(学生2,000円)
* 口頭発表、ポスターの優秀賞を発表します。

(2日目)9月26日(金) 

特別講演会 9:30~12:00(会場:(株)ユニゾーン 会議室)
 電化2件、表協1件 (講演は、質疑応答を含め1件当たり45分) 

1.「環境調和を目指した分散型風力発電の取り組み」
   講師 富山大学大学院理工学研究部教授 川口清司氏

2.「カーボン薄膜中の水素測定によるアプリケーションの拡大」(仮題)
   講師 石川県工業技術試験場 機械金属部 安井治之氏

3.「会社と共に生きる」
   講師 (株)ユニゾーン 代表取締役社長 梅田ひろ美氏 
   
昼 食 12:00~13:00 講演会場にてお弁当(1,500円頂きます)

見学会 13:00~15:30 (参加費無料) その後、解散
    (株)ユニゾーン 富山市綾田町 (めっき、表面処理企業)

* 恐縮ながら、事前に参加希望を取らせていただき、同業者の(利害関係のある)方
  には見学のみご遠慮をいただくことがありますので、ご理解をお願いいたします。

参加申込
1.会社名、所属及び連絡先(所在地、電話、FAX、E-mail)、2.合同懇親会参加者氏名、
3.講演会参加者氏名、4.見学会参加者氏名、5.参加費合計 を明記し下記申込先へ
メール等でお送り下さい。締切:8月29日(金)

講演会参加費 無料     合同懇親会費 5,000円(学生2,000円)

見学会参加費 1,500円(昼食代です。昼食を希望されない方は無料です。)
            
世話役 電気化学会北陸支部 富山大学 篠原寛明・中村優子
    表面技術協会中部支部 名古屋都市産業振興公社 久米道之
 
申込や問い合せ連絡先
富山大学大学院 理工学研究部 教授  篠原 寛明
〒930-8555 富山市五福3190
TEL/FAX: 076-445-6832、e-mail: hshinoha☆eng.u-toyama.ac.jp

富山大学五福キャンパスへのアクセスは以下をご覧下さい。
 http://www.u-toyama.ac.jp/jp/access/gofuku/index.html

>>
17 >> 戻る 
鍍金技術講演会
三価クロムめっきと亜鉛めっき用クロムフリー化成処理の新しい技術について
主 催 名古屋市工業研究所

共 催 鍍金技術研究会、表面技術協会中部支部、愛知県鍍金工業組合                                   愛知県鍍金工業組合

日 時 平成20年6月16日(月) 13:30~15:40

会 場 名古屋市工業研究所 第2会議室(管理棟 4F)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
    TEL 052-654-9915, 9911, 9914

内 容
「環境調和型3価クロムめっきプロセス」 13:30~14:30 
 ローム・アンド・ハース電子材料(株)PFTエンジニアリング 小島 一浩 氏 
     
 休 憩               14:30~14:40

「亜鉛めっき用ノークロム化成処理」  14:40~15:40
 タイホー(株)                      千葉 昌吾 氏
                 
参加費  無料

定 員  100名

参加方法 申込書(下記へご請求ください)にご記入の上、FAXによりお申し込みください。
     参加証は発行いたしません。こちらから連絡がない限り、ご参加ください。

問い合わせ 〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
      名古屋市工業研究所 表面技術研究室 三宅まで
      TEL 052-654-9915   FAX 052-654-6788

>>
16 >> 戻る 
平成19年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ
恒例となりました標記『平成19年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を
下記日程で行います。また,『若手奨励賞』を設けており,審査の上,優秀な発表者
にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますようお願い申し上げます。
また,聴講のみの方も歓迎いたしますので,ご参加ください。詳細な発表プログラム
につきましては,申し込み締切り後,あらためてご案内させていただきます。

主 催 表面技術協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、防錆防食協会中部支部、
    日本熱処理技術協会中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、
    鍍金技術研究会

日 時 平成19年12月12日(水)13:00~17:00(予定)

会 場 名古屋市工業研究所 第2会議室(管理棟4階)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費 会員無料、会員外は要旨集実費

交流会 会費1,000円(予定)で
    発表会終了後,技術交流フロア(管理棟2階)で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
     陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、
     表面分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表15分、討論5分(予定)

応募要領 講演申込:11月29日(木)
     講演題目、発表者・共同研究者(所属・氏名)、会社名、住所、電話番号、
     e-mail、若手奨励賞 申し込み有無
     を明記の上、支部事務局までお送り下さい。
     講演要旨〆切:12月6日(木)(必着)(表面技術協会講演大会と同じ書式)

申込先  〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22 中部科学技術センター内
     表面技術協会中部支部まで(電話052-231-3070、FAX 052-204-1469)

申込の方には、別途講演要旨作成の書式(表面技術協会講演大会と同じ書式,
1~2頁)をご連絡します。

問合せ先 名古屋市工業研究所 表面技術研究室 電話 052-654-9915 三宅まで
     E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp

若手奨励賞
年齢35歳以下,過去に当賞の受賞歴のない発表者を対象に,発表内容,発表技術
質疑応答について優れた者を表彰いたします。

>>
15 >> 戻る 
表面技術協会中部支部 浜松地区講演大会
主 催 表面技術協会中部支部

共 催 静岡県工業技術研究所

協 賛 浜松鍍金工業組合 表面技術研究会 センター協議会第2部会

環境規制に対応した講演会を企画いたしました。皆様方にはご多忙中のことと
存じますが、多数参加されますようご案内いたします。

日 時 平成19年10月24日(水)13:30~16:00

会 場 静岡県工業技術研究所 浜松工業技術支援センター 大研修室
    〒431-2103 浜松市北区新都田1丁目3-3

講 演:
労働安全衛生法の一部改正によるニッケル化合物の作業ばく露把握・改善要求と
その対策および最近の動向について  
                     星野技術士事務所  星野芳明氏 

ニッケル化合物を対象とする有害物ばく露作業報告が平成19年4月から義務づけられ、
対象事業所は6月30日までに報告したところである。この改正の影響と今後の事業者
における自主的取り組みと対応策の参考として、電解および無電解ニッケルめっきか
らのNi塩ミスト発生状況の実測事例と作業環境改善策を考える。
また、ニッケル化合物および他の金属ばく露についての規制展望・実情、最近問題が
取りざたされているPFOSについての話題を紹介する。

参加費 無 料

申込み
 10月22日までに静岡県浜松工業技術センターホームページのお申し込みフォーム、
 e-mail、FAXの何れかでお申し込みください。
 記入項目 貴社名 TEL FAX ご所属 ご芳名
 参加証は発行いたしませんので、断りの連絡がない限りそのままお出かけ下さい。

申込み先
 浜松工業技術支援センター 材料スタッフ (佐藤、田光)
 TEL 053-428-4156   FAX 053-428-4160
 e-mail kikaku1☆iri.pref.shizuoka.jp

交 通
 ・浜松駅北口バスターミナル13番ポール都田行に乗車「前原」下車後徒歩約20分
 ・浜松駅からタクシーで約40分
 ・東名高速道路浜松西インターから約20分(約10km)
 ・遠鉄電車「浜北」駅で下車、タクシーで約20分

>>
14 >> 戻る 
表面技術協会中部支部北陸地区講演会
環境問題がクローズアップされる中、環境負荷物質を用いないめっき技術の開発
およびめっき工場から排出されるスラッジの減少が望まれています。今回、3価
クロムからの硬質クロムめっきの現状とその課題、およびニッケル系合金めっき
の無廃浴めっきプロセスなど環境負荷の少ない新しいめっき技術に関する講演を
企画致しましたので、奮ってご参加ください。

日 時  平成19年8月1日(水)13:30 ~ 16:45

会 場  石川県工業試験場5階 第2研修室
      (金沢市鞍月2-1 電話076-267-8081)
内 容
「6価クロムの環境問題と3価クロム浴からのめっきの現状」(13:30~15:00)
       武蔵工業大学 名誉教授 星野 重夫

「原材料・スラッジ削減のためのめっき工程内クローズド化技術」(15:15~16:45)
       大阪府立産業技術総合研究所 金属表面処理系統括 横井 昌幸 
  
参加費 無料

定 員 40名

参加方法 申込書(下記へご請求ください)にご記入の上、FAXあるいはe-mailに
     よりお申し込みください。
     参加証は発行いたしません。断りの連絡がない限り、ご参加ください。
     
     〒920-8203 金沢市鞍月2丁目1番地
     石川県工業試験場 企画指導部(粟津)、機械金属部(安井)  
     Tel 076-267-8081 Fax 076-267-8090
     e-mail: awazu☆irii.go.jp or yasui☆irii.go.jp

>>
13 >> 戻る 
鍍金技術講演会
主  催 名古屋市工業研究所
     鍍金技術研究会
     表面技術協会 中部支部
     愛知県鍍金工業組合
     (財)名古屋市工業技術振興協会

一般に、めっき品はプレス加工、切削加工、熱処理などが施された後にめっき
工場に持ち込まれ、これら処理で用いられた油や汚れなどを洗浄する前処理が
行われ、めっきが行われています。このような前処理での洗浄方法や洗浄剤成
分とその働きなど洗浄液管理のポイントについて述べて頂きます。また、めっ
き工場から排出される排水規制は年々厳しくなってきています。このように厳
しくなる規制物質に対する取り組み方や処理方法について述べて頂きます。ど
うぞ多数ご参加ください。

1.日 時  平成19年6月19日(火) 13:30~16:40

2.会 場  名古屋市工業研究所 第一会議室(管理棟 3F)
      〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
      Tel 052-654-9915, 9911, 9914

3.内 容
     「めっき前処理としての水系洗浄技術」 (13:30~15:00)
          ユケン工業(株)   神谷 誠二氏

     「めっき工場の環境負荷低減対策」   (15:10~16:40)
          (株)三進製作所   福田 正氏


4.参加費  無料

5.定 員  100名

6.参加方法 申込書にご記入の上、FAXによりお申し込みください。>
      (申込書は下記へご請求ください)
      参加証は発行いたしません。断りの連絡がない限り、ご参加ください。
      〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
      名古屋市工業研究所内 鍍金技術研究会
      FAX 052-654-6788

>>
12 >> 戻る 
鍍金技術講演会
環境問題がクローズアップされ、無電解めっきにおいても環境負荷物質を含まない
めっき液が開発されるなど環境問題に対応した技術が開発されています。そこで、
今回、無電解めっきおよびプラめっきの技術動向および無電解めっきの新しい技術
に関する講演を企画致しましたので、奮ってご参加ください。

主  催 名古屋市工業研究所
      鍍金技術研究会
      表面技術協会 中部支部
      愛知県鍍金工業組合
      (財)名古屋市工業技術振興協会

1.日 時  平成19年5月17日(木) 13:30~16:40

2.会 場  名古屋市工業研究所 第一会議室(管理棟 3F)
       〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
       Tel 052-654-9915, 9911, 9914
3.内 容
       「最近の無電解めっきの動向」 (13:30~15:00)
           関東学院大学表面工学研究所  教授 本間 英夫

       「プラめっきの現状および環境対応技術」 (15:10~16:40)
           奥野製薬工業(株)           隂山 曜

4.参加費  無料

5.定 員  100名

6.参加方法 申込書にご記入の上、FAXによりお申し込みください。
        (申込書は下記へご請求ください)
        参加証は発行いたしません。断りの連絡がない限り、ご参加ください。
        〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41
        名古屋市工業研究所内 鍍金技術研究会
        FAX 052-654-6788

>>
11 >> 戻る 
表面技術協会中部支部 浜松地区講演大会
主 催 表面技術協会中部支部

共 催 浜松工業技術センター 浜松鍍金工業協同組合 表面技術研究会
    浜松鍍金工業協同組合青年部 センター協議会第2部会

1.日 時 平成19年1月29日(月)13:30~16:45

2.会 場 静岡県浜松工業技術センター
      〒431-2103浜松市新都田1丁目3-3

3.講 演
  
  13:30~15:00
 「自動車部品における6価クロムフリー表面処理材料の展開状況」
  トヨタ自動車株式会社 第1材料技術部 塗装設計室 國枝 直宏 氏

  2007年7月のEU ELV指令に向けて6価クロムフリー表面処理材料の開発、
  自動車部品への導入展開が進められてきた。自動車部品における6価
  クロムフリー表面処理材料の現在までの導入展開状況に合わせて代替
  材料開発および導入の経緯を振り返ることから、今後の6価クロムフ
  リー材料および防錆表面処理に対する自動車からの期待を示す。

  15:15~16:45
 「NECの環境経営と製品化学物質規制への対応」     
  NEC CSR推進本部 環境推進部 統括マネージャー 三島 通世 氏

  欧州を初めとする製品化学物質規制は企業に大きなインパクトを与え
  ています。欧州、中国などの最近の製品化学物質規制の動向と企業に
  求められる化学物質管理やリスクマネジメントについて、NECの取
  り組み事例を参考に紹介する。

4.参加費 無 料

5.申込み 1月25日までに、e-mailかFAXにて申し込みください。      
      参加証は発行いたしませんので、断りの連絡がない限りその
      ままお出かけ下さい。

6.申込み先 浜松工業技術センター 材料技術スタッフ(佐藤、田光)
       TEL 053-428-4156  FAX 053-428-4160
       e-mail kikaku1☆h-iri.pref.shizuoka.jp

7.交 通: ・浜松駅北口バスターミナル13番ポール農業経営高校経由
        都田行に乗車、「前原」下車後徒歩約20分
       ・浜松駅からタクシーで約40分
       ・東名高速道路浜松西インターから約20分(約10km)
       ・遠鉄電車「浜北」駅で下車、タクシーで約20分

>>
10 >> 戻る 
平成18年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会
発表者募集のお知らせ
恒例となりました標記『平成18年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を
下記日程で行います。また,『若手奨励賞』を設けており,審査の上,優秀な発表者
にお贈りしております。皆さん奮ってご登壇くださいますようお願い申し上げます。
また,聴講のみの方も歓迎いたしますので,ご参加ください。詳細な発表プログラム
につきましては,申し込み締切り後,あらためてご案内させていただきます。
以上よろしくお願い申しあげます。

          記

主 催 表面技術協会中部支部

協 賛 日本防錆技術協会中部支部、防錆防食協会中部支部、
    日本熱処理技術協会中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、
    鍍金技術研究会

日 時 平成18年12月19日(火)13:00~17:00(予定)

会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費 会員無料、会員外は要旨集実費

交流会 会費1,000円(予定)で発表会終了後,
    技術交流フロア(管理棟2階)で行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
     陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、
     表面分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表15分、討論5分(予定)

応募要領 講演申込:11月24日(金)
     講演題目、発表者・共同研究者(所属・氏名)、会社名、住所、
     電話番号、e-mailを明記の上、支部事務局までお送り下さい。
     講演要旨〆切:12月4日(月)(必着)(表面技術協会講演大会と同じ書式)

申込先  〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22 中部科学技術センター内
     表面技術協会中部支部まで(電話052-231-3070、FAX 052-204-1469)
     申込の方には、別途講演要旨作成の書式
    (表面技術協会講演大会と同じ書式,1~2頁)をご連絡します。

問合せ先 名古屋市工業研究所 無機材料研究室 電話 052-654-9915 三宅まで
     E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp

若手奨励賞
 年齢35歳以下(平成19年3月31日まで),過去に当賞の受賞歴のない発表者を
 対象に,発表内容,発表技術質疑応答について優れた者を表彰いたします。

>>
09 >> 戻る 
鍍金技術研究会総会および講演会のお知らせ
表面処理業界において、近年様々な環境対策が取り入れられております。
現在、欧州におけるRoHSやWEEEなどの環境規制の動向に注目が集まって
いますが、一方、米国では作業者に対するCr(VI)許容被曝限界(PEL : 
Permissible Exposure Limit)についての新基準が公布されています。
今回の講演内容はこの話題を中心とした6価クロムの環境規制について
です。どうぞ多数ご参加下さい。

日 時  平成18年8月30日(水) 午後1:00~2:40

場 所  名古屋市工業研究所 視聴覚室 (電子技術総合センター 1F)

内 容
 (1)総会 午後1:00~1:30(30分)

 (2)講演会 午後1:40~2:40(60分)
  「6価クロムに関する環境規制 -米国におけるCr(VI)PELを中心に-」
       名古屋市工業研究所 所長 久米 道之

参加費  無料

定 員  60名

参加申込 参加希望の方は、申込書を、FAXにて8月28日までに申込下さい。
     申込書は、下記へご請求ください。
     名古屋市工業研究所内 鍍金技術研究会
     TEL 052-654-9911   FAX 052-654-6788

>>
08 >> 戻る 
表面技術講演会
主 催 名古屋市工業研究所、鍍金技術研究会、表面技術協会中部支部、愛知県鍍金工業組合 

昨今、環境を保全するための規制がますます強化されています。表面処理工業ではこうした規
制に対応するための技術開発の努力が継続されていますが、今回下記のように、鉛スラッジを
軽減する不溶性電極の解説及び、無排水化技術に関する講演会を開催します。どうぞ多数ご参
加ください。

日 時  平成18年6月1日(木)13:30 ~ 16:00

会 場  名古屋市工業研究所 視聴覚室(電子技術総合センター1F)
     〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4番41号
     TEL.052-654-9911

内 容
     1. 「表面処理における電気めっき用不溶性電極」
       (株)SPF  水野 康晴 氏

     2. 「濃縮機を用いた浴の無排水化技術」
       (株)SPF  水野 康晴 氏

参加費  無料
 
定 員  60名

申込方法  申込用紙(下記へご請求ください)にご記入の上、下記宛郵送またはFAXにより
      お申込みください。
      参加証は発行致しません。断りの連絡がない限り、そのままお出かけください。
      〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4―41
      名古屋市工業研究所内 鍍金技術研究会 
      FAX. 052-654-6788

>>
07 >> 戻る 
平成18年度表面技術協会中部支部支部総会並びに講演会の開催
日 時:平成18年2月2日(木) 13:00~14:40

会 場:名古屋市工業研究所 視聴覚室(電子技術総合センター1F)
    名古屋市熱田区六番3-4-41 
    TEL:052-654-9915
   (交通 地下鉄名城線「六番町」下車、3番出口より徒歩2分)

総 会(13:00~13:30)
1. 平成17年度事業報告
2. 平成17年度会計報告および監査報告
3. 平成18年度本部役員
4. 平成18年度支部役員案
5. 平成18年度事業案
6. 平成18年度予算案
7. その他

講演会(13:40~14:40) 参加費無料
  「溶融亜鉛めっき界面制御とコンクリート中への利用」
   名古屋大学  市野 良一 氏

申し込みは
    表面技術協会中部支部事務局 成田まで(FAX:052-204-1469)
    〒460-0008名古屋市中区栄2-17-22
   (財)中部科学技術センター内(TEL:052-231-3070)

>>
06 >> 戻る 
平成17年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会

恒例となりました標記『平成17年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会』を
下記日程で行います。昨年より,『若手奨励賞』なる賞を設け,優秀な発表者にお贈
りすることになりました。皆さん奮ってご登壇くださいますようお願い申し上げます。
また,聴講のみの方も歓迎いたしますので,ご参加ください。詳細な発表プログラム
につきましては,申し込み締切り後,あらためてご案内させていただきます。
以上よろしくお願い申しあげます。 

主 催 表面技術協会中部支部
協 賛 日本防錆技術協会中部支部、防錆防食協会中部支部、日本熱処理技術協会
    中部支部、愛知工研協会、愛知県鍍金工業組合、鍍金技術研究会

日 時 平成17年12月15日(木)13:00~17:00(予定)

会 場 名古屋市工業研究所 第1会議室(管理棟3階)
    〒456-0058 名古屋市熱田区六番3-4-41 電話 052-654-9915

参加費 会員無料、会員外は要旨集実費

交流会 会費1,000円(予定)で発表会終了後,技術交流フロア(管理棟2階)で
    行います。

講演分野 溶融めっき、溶射、CVD、PVD、熱処理、電気めっき、無電解めっき、
     陽極酸化、前処理技術、化成処理、品質管理、資源リサイクル、
     表面分析、腐食・防食、その他表面処理に関すること。

講演要領 発表15分、討論5分(予定)

応募要領 講演申込:11月22日(火)
     講演題目、発表者・共同研究者(所属・氏名)、会社名、住所、電話番号、
     e-mailを明記の上、支部事務局までお送り下さい。
     講演要旨〆切:11月30日(水)(必着)(表面技術協会講演大会と同じ書式)

申込先  〒460-0008 名古屋市中区栄2-17-22 中部科学技術センター内
     表面技術協会中部支部まで(電話052-231-3070、FAX 052-204-1469)
     申込の方には、別途講演要旨作成の書式(表面技術協会講演大会と同じ書式,
     1~2頁)をご連絡します。

問合せ先 名古屋市工業研究所 無機材料研究室 電話 052-654-9915 三宅まで
     E-mail:tmiyake☆nmiri.city.nagoya.jp

>>
05 >> 戻る 
表面技術講演会のお知らせ
鍍金技術研究会,名古屋市工業研究所、
表面技術協会中部支部、愛知県鍍金工業組合

表面処理業界においてさまざまな環境対策が取り入れられております。特に欧州
におけるRoHSやWEEEなどの環境規制は当業界への影響が大きく,今後の動向に注
目して行かなければなりません。一方,人体に及ぼす金属アレルギーとしてNiめっ
きがあり,この代替めっきとしてCu-Sn合金めっきが挙げられます。今後需要が
望まれるNi代替Cu-Sn合金めっきの動向および研究開発について講演致しますので、
多数ご参加下さい。

1.日 時  平成17年8月24日(水) 午後1:30~2:30

2.場 所  名古屋市工業研究所 視聴覚室 (電子技術総合センター 1F)

3.内 容  講演会 (60分)
       「Niめっき代替Cu-Sn合金めっきの研究開発」
        名古屋市工業研究所 無機材料研究室 加藤 雅章

4.参加費  無料

5.定員   60名

6.参加申込 締切 8月22日
       参加希望の方は、下記へお問い合わせ下さい。
       名古屋市工業研究所内 鍍金技術研究会宛
       TEL 052-654-9915   FAX 052-654-6788

>>
04 >> 戻る 
防錆技術講演会
    -参加無料-
日 時 平成 16年 6月14日(月)  午後1:30 ~ 午後4:00
 
場 所 愛知県産業技術研究所内 愛知県技術開発交流センター 交流会議室
刈谷市一ツ木町西新割 TEL 0566-24-1841(代) FAX 0566-22-8033
 
主 催 日本防錆技術協会中部支部  表面技術協会中部支部   愛知県鍍金工業組合
愛知県産業技術研究所      鍍金技術研究会
 
内 容 「6価クロムフリー化成皮膜の導入への対応」
  ユケン工業株式会社  技術部 野嶋 成彦 氏
6価クロムフリー化成処理の有力な代替技術として、3価クロム化成処理が自動車部品を始め家電製品等に採用されることが決定され、今後亜鉛めっき専業者においても本格的な導入が進行すると考えられる。3価クロム化成皮膜について耐食性、色調、管理技術等に関する最新の開発状況を述べる。
 
定 員 80名
 
申込み 〒448-0003 愛知県刈谷市一ツ木町西新割
愛知県産業技術研究所内 企画連携部
TEL(0566)24-1841(代) FAX(0566)22-8033

     申込書のダウンロード
 
交通機関 ・名鉄本線「知立駅」下車 タクシー10分約2km
・名鉄本線「一ツ木駅」下車 南へ徒歩10分約800m
・JR「刈谷駅」下車 タクシー12分約2.5km
・駐車場約200台

>>
03 >> 戻る 
腐食防食協会中部支部講演会

主催  腐食防食協会中部支部
協賛  表面技術協会中部支部,防錆管理士会     

支部講演会・交流会を下記により開催しますので、ご案内申し上げます。
参加ご希望の方は、平成16年3月1日までにFAX、またはE-mailにて申込み下さるようお願い申し上げます。


日時:3月8日(月)15時~18時30分

場所:大同工業大学 A棟14階「交流室」 〒457-8530名古屋市南区滝春町10-3

講演会(参加費 無料)
   15:00~16:00
  「電着法によるエネルギー変換用化合物半導体薄膜の作製とその評価」
            中部大学工学部応用化学科 教授 高橋 誠 氏
   16:00~16:45
  「ガス化溶融炉高温空気加熱器管用Ni基耐熱合金の開発」
           大同特殊鋼(株)技術開発研究所副主任研究員 植田 茂紀 氏

   17:00 交流会(参加費:1,000円)

申込先:腐食防食協会     e-mail:cor-chubu☆f2.numse.nagoya-u.ac.jp
    中部支部事務局     FAX:052-789-3355

>>
02 >> 戻る 
           
表面技術講演会
        参加費無料

日時:平成16年3月11日(木)午後1:30-4:30

場所:愛知県産業技術研究所内 愛知県技術開発交流センター 交流会議室
     刈谷市一ツ木町西新割 TEL:0566-24-1841 FAX:0566-22-8033

主催:日本防錆技術協会中部支部   愛知県産業技術研究所
     表面技術協会中部支部     愛知工研協会
     愛知県鍍金工業組合      鍍金技術研究会

内容:「めっき技術の燃料電池への応用」
     岐阜大学工学部人間情報システム科 助教授 上宮 成之氏

    「電子部品等の表面処理について」
     株式会社 ワールドメタル 代表取締役社長(技術士)林田 英徳氏

定員:80名

申込み:申込書にご記入の上、ファックスまたは郵便でお送りください。
      参加証は発行いたしません。断りの連絡がない限り、そのままお出かけください。
     (申込書が必要な方は、下記問い合わせ先へ申し込んでください)

      〒448-0003  刈谷市一ツ木町西新割 愛知県産業技術研究所 企画連携部
      TEL:0566-24-1841㈹ FAX:0566-22-8033

問い合わせ先:愛知県産業技術研究所 加工技術室 松田喜樹 TEL:0566-24-1841㈹

交通機関:名鉄本線「知立駅」下車 タクシー10分約2km
       名鉄本線「一ツ木駅」下車 南へ徒歩10分。約800m
       JR「刈谷駅」下車 タクシー12分約2.5km
       駐車場約200台


>>
01 >> 戻る 
平成16年度表面技術協会中部支部支部総会
並びに  講演会の開催

日 時:平成16年2月4日(水)13:00~14:30

会 場:名古屋市工業研究所 視聴覚室(電子技術総合センター1階)
    名古屋市熱田区六番3-4-41 
    TEL (052)654-9915
    (交通 地下鉄名城線「六番町」下車、③番出口より徒歩2分)

総 会  (13:00~13:30)

講演会 (13:30~14:30) 参加費無料
     「クロメート代替技術の課題と今後」
        愛知県産業技術研究所  野口 裕臣氏

申込

表面技術協会中部支部 (FAX052-204-1469)
〒460-0008名古屋市中区栄2-17-22 (財)中部科学技術センター内(TEL052-231-3070)